お金を増やす

ホリエモンの「これからを稼ごう」を読んだ、微動でいいから行動しよう

「これからを稼ごう」 堀江貴文 著

書店に「これからを稼ごう」というホリエモン本が平積みでおいてありました。

副題に「仮想通貨と未来のお金の話」とあります。

パラパラと中を見て、これは読んでおこうということで買って帰ってすぐ読みました。

賛同できるかどうかは別として、読んでおいて損はないでしょう。

仮想通貨やブロックチェーンの話から始まる

ビットコイン、イーサリアム、リップルの特徴や違いについて、著者の視点を交えて語られています。

図を用いて詳しく・・・という説明ではありませんので、ある程度予備知識を持って読んだ方が分かりやすいかな。

テクノロジーは常に優越する

マクロの動きとして、僕らは技術革新に抗えないということを理解しているはずだ。便利な携帯電話ができれば、最初は「こんなもの!」と、抵抗があっても、いずれみんな使い始める。

テクノロジーは常に優越するのだ。テクノロジーの力をもってすれば、国家の通貨発行権ぐらいは、当然将来的にはなきものになるだろう。(168頁から)

ぱっと理解できない新しいテクノロジーは、なかなか受け入れられないし理解できないことが多い。

でも、それが本当に便利なものだったら、それを理解して使い始める人たち(多くは若い人たち)から、じわじわと拡がっていき、結局は飲み込まれてしまう。

っていうことで、それならば自分からもどんどん新しいことを発見して、先ずはやってみる姿勢でいたいものです。

読み進めると

後半は、これからの社会をどう生きていくかという話になります。

AI、仕事、遊び、評価と信用・・・

生産性の低い仕事はAIに任せ、自分の好きなことで暮らしていく、できるところから少しずつ。

微動でもかわまない。(224頁から)

ひとこと

新しいことを察知するアンテナを立て、微動でもかまわないのでできる範囲でチャレンジしていく。

内容に賛同できるかどうかは別として、読んでおいて損はない本です。