自分で料理

低温調理で作ったサーモンフレークが美味い!【65℃ 35分】

ツナフレークと一緒に作ったサーモンフレークを食べてみました。
めちゃくちゃ美味しかったです。

ツナフレークと一緒に作ったサーモンフレーク

前回は魚の低温調理もやってみたい、ってことでツナフレークを作りを紹介しました。そしてその時に並行してサーモンフレークも作っていたのです。

そのサーモンフレークを紹介します。

↓これまでの低温調理のレシピはこちらをご覧ください。↓

低温調理の記事一覧(いろんな低温調理レシピがあるよ!)

この記事は「魚介のレシピ:刺身用サーモンでサーモンフレーク【65℃ 35分】」です。

冷却低温調理が終わった後の写真。上がツナ、下がサーモンです。

作り方はツナフレークと全く同じです。

材料
  • 刺身用サーモンのさく 200g弱
  • 自然塩 3g(魚の1~2%)
  • 胡椒 適量(粒の黒こしょうをミルですりすり)
  • オリーブオイル 大さじ2

食べてみましょう。

一昨日作ってジップロックのまま冷蔵庫に入れておきました。
冷蔵庫から出して、ジップロックのまま潰してから、皿に盛ると簡単にフレーク状になりました。

サーモンジップロックに入っている状態で潰しておきました。
盛り付けそのまま皿に盛るとちょうどいい感じでフレークになってます。

これはうまい。

おー、これはうまい。
一緒に作ったツナフレークよりこっちの方が美味しいくらいです。

  • もともと脂がのっているところに、低温調理でしっとり感を保っている。
  • サーモンにオリーブオイルの香りがよく合う。
  • 塩こしょうで下味がしっかりついている。

家族にも好評ですぐになくなってしまいました。

ひとこと

うまかったです。
やはり次はもうちょっと低温でもやってみたいです。

私の使っている低温調理器です。

低温調理では衛生に気を使いましょう。食品にも直接噴射できるアルコールスプレーです。