自分で料理

今年こそは梅しごと、最後の作業は梅を「干す」こと

自家製の梅干し、おいしいですよ。

梅干し作りの最後の作業は、干すことです。

干すのは梅雨明けの好天時が良いと言いますが、なかなか実現せず・・・で、8月終わりになっちゃいました。

なんとか夏の終わりに梅を干した

自家製の梅干しに関する記事は、以下にまとめてあります。

赤しそを漬けたのが7月の初めころ、それから1か月以上が経ちました。

今年こそは梅しごと、自家製の梅干しを漬ける方法。梅酢が上がったら赤しそ漬け

自家製梅干しの最後の作業

赤しそを漬けたら、次は梅を干します。

この週末は天気が良く、やっと干すことができました。

ノウハウ本とかを見ると3日間干しましょう、とありますがなかなかそれも難しい。

この週末は、カンカン照りだったので「十分な日差しがあったはず」ということにして、2日間だけ干しました。

梅干しのようす梅と赤しそが、赤い梅酢の中に浸かっています

作業開始

梅をかめから1つずつ出してざるに並べ、日当たりが良い場所に干します。

梅を干すようす1つずつ、ざるに並べて日に当てます。

赤色の染まり方にむらがありますね。なんでだろう?

梅を干すようすざるだけだと足りないので、干しカゴも使いました

今年の梅は柔らかい!

やってて気づいたのですが、今年の梅干しはかなりやわらかく仕上がっています。

自家製梅干しをはじめてから何年か経ちますが、こんなに柔らかくできているのは初めてですね。

和歌山の農園から買ったから?完熟・自然落下品だから?

よく分かりませんが、これは出来上がりにかなり期待が持てそうです!

梅酢も干す

梅酢も干す梅酢も干しておきます。赤しそが少なめだったので、ちょっと色が薄いですね

夜は室内に

夜も干しっぱなしにする手もあります。

でも、急に雨が降ったりする可能性があるので、夕方になって日が陰ってきたら室内に取り込んでおきます。

そして翌朝また干します。

この時に、梅をひっくり返しておきましょう。

網やざるにくっついてしまっていることもあり、無理やりはがそうとすると皮が破れるかもなので、そーっとやりましょうね。

保存ビンに入れてあとは放置

2日間干して、その後保存ビンに移しました。

この時に、梅だけで保存する方法と、梅酢も一緒に入れておく方法があるそうです。

私はいつも梅と梅酢を分けて保存します。

梅酢はきゅうりの浅漬けに使ったりできますしね。

保存瓶に入れます干し終わったら保存ビンに入れて、あとは1年以上ほっときましょう

去年の梅干しと比較

さて、作業中に1個だけ皮が破れちゃったので試食してみました。

数か月しか経ってないし、まだまだ「しょっぱいだけ」かと思ったら、意外とうま味もあって美味しかった。

そして、なんといっても柔らかい!

これはなかなかの出来具合になりそう・・・・ってことで期待しましょう。

去年の梅干しと今年の梅干し左が去年の梅干し、右が今年の梅干しです
  • 去年の梅干し・・・ちょっとかため。1年以上経ってて味にうまみとまろやかさがある。
  • 今年の梅干し・・・柔らかい!数か月なのに味も良い。

ひとこと

やっと干すことができました。

経験上、梅干しは1年以上置いておくと急においしくなります。

今年のは柔らかいし、味も良いし、1年後が楽しみです!まじです。