自分で料理

梅酢を使ってなめ茸を作ってみました。赤いなめ茸ができるでしょうか?

梅酢なめたけ

かえしの代わりに梅酢でなめ茸を作るとどうなるのか?
すっぱくて赤いなめ茸ができるのか?

梅干しで余った梅酢を使ってやってみました。

梅酢でなめ茸を作ってみました。

以前、かえしを使った自作なめ茸の作り方を紹介しました。

かえしを使って超簡単!なめ茸を作りましょう。

かえしとカレー粉を使って超簡単!カレー味なめ茸を作りましょう。

かえしについては以下を参考にしてください。
作っておくと便利ですよ。

色んな和食料理に使える便利な”かえし”を作ってみましょう。

自作の梅酢味なめ茸

今回の自作なめ茸は梅酢味バージョンです。
梅干しを干したときにできた梅酢を使います。

材料
  • えのき茸 ・・・1パック
  • 梅酢 ・・・大さじ2(えのき茸1パックあたり大さじ2です。)
  • 砂糖 ・・・小さじ1(えのき茸1パックあたり大さじ1です。)
  • 日本酒または水 ・・・小さじ1~2

では準備ができたらやってみましょう!

作り方

えのき茸の根の部分を切り落とします。

ここであんまりケチって切り落とし部分を短くすると、後でほぐすのに苦労します。
根元が太くなっているところを含めて切り落としましょう。

えのきだけ根の部分を落として、残りを半分に切ります。

鍋に入れて火にかけます。

えのき茸をほぐしながら鍋に入れます。

鍋に入れたら、梅酢、砂糖、日本酒(または水)を入れて中火にかけます。

梅酢なめたけ梅酢の色が鮮やかです!

火にかけるとだんだんしぼんできて、さらにえのき茸の水分がたくさん出てきます。

時々混ぜながら加熱し、全体に火が通って”しなしな”になったら終了です。

梅酢なめたけ火にかけて混ぜ混ぜします。

 

冷ましてビン詰めにしましょう。

鍋の蓋をして置いておき、冷めたらビン詰めにするのがいいでしょう。(もちろん、タッパーとかでもオッケーです。)

冷蔵庫で保管しましょう。

梅酢なめ茸右側が今回作った梅酢なめ茸です。

ひとこと

赤いなめ茸を期待していたのですが、白いなめ茸になってしまいました。

味も美味しいのですが、梅酢の酸っぱさがかなり弱っている感じです。

加熱した後から梅酢を混ぜた方が良いのかな?
次回チャレンジしてみます!

あ、これはこれで美味しいですよ。
十分ごはんのお供になってます。