子どもとスキー

子どもとスキーに行こう!【何歳からデビューできる?】

昔スキーが趣味だったお父さん、お母さん。
子どもがちょっと大きくなってきたら、子どもを連れてまた滑りに行きたいって思いませんか?

私は自分が滑りたいので、子どもにスキーを教えて自分も滑れるようになりたい!ってことでがんばって3人の子どもにスキーを教えました。

何歳くらいからスキーデビューできるのか?

スキーのイラスト「男の子」

子どもによって個人差がありますが、自分の子供3人をデビューさせた経験から言うと、幼稚園の年長から小学校1年生くらいであれば大丈夫でしょう。

わが家で子ども3人をデビューさせた実績を紹介します。

1人目:幼稚園 年長

初めて行った日は怖がって一切スキーをせず、1日中そり遊びのみでした。
2日目にやっと「やってみる。」ってことになって初めてのスキー。

2人目:幼稚園 入園前

なんと幼稚園に入る前に連れて行きました。

デビューの日は短い初心者コースを数本滑っただけで、あとはそり遊び。
まぁ行って滑っただけでも大したもんですね。

さすがにスキーをコントロールできくて、コース外に落っこちたりしました・・・。💦

3人目:幼稚園 年少

デビューの日はそり遊びや雪遊び中心で、スキーは数本滑っただけでした。
それでもけっこう楽しそうに滑ってましたね。

2人目と3人目は、デビューしたシーズンは1回行っただけでした。
とりあえず楽しそうって思わせておいて、次のシーズンから何度か連れて行きました。

ボーゲンヘルパー

子どものスキーデビューの必須アイテムです!

小さな子どもをスキー場に連れて行って、そのままハイって滑らせるわけにはいきません。
ここで大活躍するのがボーゲンヘルパーです。

これをスキー先に取り付けて「ひらいたら止まるよ!閉じたら進むよ!」って教えてあげましょう。
はじめてのスキーでもこれがあればすぐに慣れて楽しそうに滑り始めます。(もちろん緩斜面で、ですよ。)

逆にこれが無ければ、ボーゲンから教えてあげる必要があります。

それでも良いんですけど・・・、教える方も教わる方も何かと大変です。
まずは子どもがスキーに慣れるまでは、ボーゲンヘルパーに頼りましょう。

ヘルパー使うの良くないっていう意見もあるみたいですが、お互いにストレスなく楽しむことの方が大事ですよ。

わが家の子どもたちは3人ともボーゲンヘルパーのお世話になりました。
始めた年齢によりますが、だいたい男小1~2くらいからヘルパー無しで滑れるようになりました。

ヘルパーは消耗品

1つ注意点があって、ボーゲンヘルパーは消耗品と考えた方がいいです。

左右の接続部を何度か付けたり外したりしているうちに、だんだん緩くなってきます。

あんまり緩くなるとちょっとした振動ですぐ外れるようになります。
こうなったら、買い換えましょう。

ひとこと

スキー楽しいですよ。

子どもを連れて楽しく滑るきっかけになればうれしいです。