低温調理

低温調理で王道!ローストビーフを作る|少しレア気味?!【57℃ 60分】

完成

低温調理器BONIQを使ったローストビーフです。

低温調理だと、火入れ加減が難しいローストビーフも、失敗なくしっとり柔らかく仕上げることができます

ここでは、実際に作ってみたレシピ・作り方の手順を紹介します。

低温調理器BONIQでローストビーフ

低温調理で定番のローストビーフを作ります。

スーパーで買ってきた牛もも肉を使って、実際に作ってみましょう。

低温調理に必要な道具・作ってみたレシピ

おすすめの低温調理器や必要な調理器具は、別の記事にまとめてありますので参考にしてください。

>> 2年以上使っておススメできる低温調理器BONIQ

>> 低温調理に必要な道具のまとめ

実際に自分で作ってみたレシピも、別の記事にまとめてあります。

>> 実際に自分で作ってみたレシピの紹介

調理開始

ではいってみましょう!

まずは材料です。

材料

低温調理のローストビーフ
  • 牛もも肉ブロック・・・400gくらい
  • 塩・・・肉の1~2%(4~8g)
  • こしょう・・・適量(ミルで挽くのがおすすめ)

塩こしょうのみ、というシンプルバージョンです。

牛もも肉牛もも肉のブロック

下ごしらえ

味付け

肉全体に、塩こしょうを振って軽くすり込みます

塩の量は、肉の重さの1~2%がいいのですが、わたしはいつも多めの2%です。

たとえば、肉400gで塩2%を計算すると8gですね。

真空パック

味付けした肉を、真空パック器でパックします

パックする理由や、真空パックとジップロックの使い分けなどについては、以下の記事を参照ください。

>> 低温調理で食材のパックが面倒くさい!けど【真空パック器】があると便利

真空パック器が無い場合は、肉をジップロックに入れたまま口を上にして水没させ(中に水が入らないようにしましょう)空気を抜く方法もあります。

ただ実際は、空気を抜き切るのがちょっと難しいですね。オリーブオイルを注いでやるなど、液体を少し入れると空気を抜きやすくなります。

真空パック低温調理には真空パック器があると楽です

パックしたら、冷蔵庫にしばらく置いて味をなじませます。

今回は短めで1時間くらい置いておきましたが、半日くらいでもいいでしょう。

低温調理

準備

容器にぬるま湯(40℃くらい)を入れ、低温調理器BONIQを「57℃ 60分」にセットします。

>> 2年以上使っておススメできる低温調理器BONIQ

低温調理

温度が57℃に達したらピーピーって音がしますので、冷蔵庫からパックした肉をとり出してパックのままお湯に浸けます。

低温調理設定温度に達したら、パックごと食材を入れて待つだけ

途中でひっくり返したりすればいいのですが、基本的に待つだけです。なので、その間に別のことをやっててオッケーです。

60分(1時間)たったらまたピーピーって音がしますので、パックごと取り出します。

ここからいくつか方法があります。

  • フライパンやオーブンで表面を焼いて食べる
  • 粗熱をとってスライスして食べる
  • 粗熱をとって冷蔵庫に置き、後日食べる

今回は、粗熱をとって冷蔵庫に置き、翌日軽く焼いてから食べました。

フライパンで表面を焼く

パックから肉を取り出し、フライパンで表面をさっと焼きます。

焼き具合は、軽く焦げ目がつくくらいで。

盛り付け

お好きな厚さでスライスします。

スライスします表面を軽く焼いてスライスします
完成完成です。美味しそうにできました!

おいしい!

おー、うまい・旨い・美味い。

しっとりしててパサついている感は全くありませんね。

前回の「57℃ 90分」よりも時間を短くして「57℃ 60分」でやりましたが、前回よりレアになった感じはないですね。

ひとこと

低温調理のローストビーフでした。

  • 味付けは、塩・こしょう
  • 低温調理時間は、57℃ 60分
  • 低温調理後は、いったん冷蔵庫に置く
  • 翌日、フライパンで表面を焼いてスライス

低温調理は、下ごしらえと低温調理の時間がかかりますが、長いのは待ってる時間で手間はそんなにかかりません

面白そう!と思ったら、ぜひ一度チャレンジしてみてください。

では今日はおしまい!

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です