子どもとスキー

子どもとスキーに行こう!【必要な道具は何?】

子どもをスキーに連れて行くときに必要な道具は何でしょうか?

最初はレンタルを活用しましょう。

はじめて子どもとスキーに出かける場合は、スキー用具はレンタルするのがいいでしょう。

気合入れて買って行っても、子どもが興味持たなければ1回だけで終わってしまうかもしれません。

スキーのイラスト「女の子」

レンタルできるもの

  • スキー板
  • スキーブーツ
  • ストック
  • スキーウェア上下

これらはスキー場のレンタルショップならほぼ間違いなく借りることができるはずです。

スキー板の長さやスキーブーツのサイズは、ショップの店員さんに相談しましょう。
ブーツの試し履きをする時のために、スキー用の靴下(実際に履く靴下)を用意しておきましょう。

レンタルできないと思った方が良いもの

  • ゴーグル
  • 手袋
  • 靴下
  • 帽子・ヘルメット
  • ボーゲンヘルパー

これらはレンタルできないと思った方が良いでしょう。
なので、用意していく必要があります。

ゴーグル

できればグラスが2枚になっているものが、曇りにくいのでおススメです。

手袋

毛糸の手袋とかはダメですよ。
溶けた雪が浸み込んで手先がめちゃ冷えます。

ちゃんとスキー・スノボ用のものを用意しましょう。
子どもが小さいうちは、人差し指から小指までが一体になったミトンタイプの方が指先が冷えにくくて良いかもしれません。

靴下

厚手のものを用意しましょう。
ショップでスキー・スノボ用として売っているものがいいでしょうね。

帽子・ヘルメット

できればヘルメットを着用した方が安心です。
まぁ、それは大変だというのも分かりますので、最低限”帽子”だけでもかぶらせましょう。
防寒と安全のためです。

ボーゲンヘルパー

子どもとスキーに行こう!【何歳からデビューできる?】でも書きましたが、ボーゲンヘルパーはあった方が良いです。

大人はリュックを背負いましょう。

ゴーグルや予備の防寒具等、子供と一緒だと持ち運ぶ荷物がいろいろあります。

大人はリュックを背負いましょう。

レンタルの注意点

スキー場のレンタルショップは、休日の午前中はだいたい混雑しています。
これは仕方ないので、あきらめて並びましょう。

あと、レンタルするときは身分証明書が必要ですのでレンタル代と一緒に用意しておきましょう。

ひとこと

スキーっていろいろ道具が必要なんですよね。
書きながらあらためてそう感じました。

年に何度か滑りに行くということであれば、道具を買ってしまった方が楽ですね。
そうすれば、朝のレンタル混雑を回避することができます。