子どもとスキー

子どもとスキーに行こう!【おすすめのスキー場はどこ?首都圏版】

子どもをスキーデビューさせる時やさせたばかりのころ、どんなスキー場に行くのが良いでしょうか。

スキー場の条件

初心者の子どもといっしょにスキーに行くのに、どんなスキー場が良いのか条件を考えてみましょう。

スキーのイラスト「男の子」

近いスキー場

往復の移動時間は極力短くしたいところ・・・。
つまりできるだけ近いスキー場です。

とにかく近さを優先するなら、富士山近くにスキー場がいくつかあります。

独断ですが・・・

スノータウンYeti

裾野ICから17㎞

ふじてんスノーリゾート

河口湖ICから13km

カムイみさか

一宮御坂ICから8㎞

*全てのスキー場を熟知しているわけではありません。
記載はあくまでもご参考ということで。

適度な斜度のコース

スキーのイラスト「女の子」

お子さんが初心者の場合、緩い斜度のコースがあるかをちゃんと調べていきましょう。
リフトを降りてから滑ってまたリフトに乗るまで、途中でやけにキツイところがないかどうかです。

小学校に入る前(未就学)でのスキーデビューとかなら、なおさら気を使いましょう。
本当にはじめてだと最大斜度15度でもきついと思います。

小学生なら初めてでも15度はいけるかな。
ボーゲンヘルパーがあれば、より安心です。

独断ですが・・・

湯沢中里

第3ロマンスゲレンデ

たんばらスキーパーク

ファミリーコース

水上宝台樹

たんぽぽコース(高速リフトです!)

シャトレーゼスキーリゾート八ヶ岳

バレー3コース(最大10度です!高速リフトです!)

*全てのスキー場を熟知しているわけではありません。
記載はあくまでもご参考ということで。

キッズバークがあるかどうか

最近はキッズバークがあるスキー場増えましたね。
スキーだけでなく、そり遊びなんかができるようになっています。

キッズバークの横にスノーエスカレーター(立って乗る短いリフト)付きの短い初心者コースを設置してあるスキー場もあります。

子どものリフト代が安いか

未就学児は無料、小学生は半額くらい、というスキー場が多いです。

軽井沢や苗場にあるプリンスホテル系列のスキー場だと、小学生まで無料(太っ腹!)なので確認してみてください。

高速リフトがあるかどうか

やっぱりリフトは高速が良いです。

はやく上に上がれるというのもありますが、高速リフトって乗るときと降りるときにしっかり減速してくれるんですよね。
なので、通常のリフトより高速リフトの方が小さいお子さんでも乗り降りしやすいのです。

なのですが、スキー場のコース図を見てもどれが高速リフトなのか通常の低速リフトなのか、が良く分からないことが多いです。

通常は「ロマンスリフト」とあれば2人乗りの低速、「クワッド」とあれば4人乗りの高速なんですけどね。
残念ながらどっちなんだかよく分からないことも多いです。

スキーのリフトのイラスト

で、どこに行こうか?

とにかく近さ優先なら、カムイみさか。
ふじてんとYetiは、休日だとかなり混むらしいんですよね・・・。

高速リフトに乗って適度な斜度で楽しめるのは、未就学で超初心者ならシャトレーゼ八ヶ岳のリバー3コース、小学生なら宝台樹のたんぽぽコースあたりが良いですね。

高速リフトではありませんが、子供向けのイチオシは湯沢中里の第3ロマンスゲレンデ。
コースの途中に子どもが喜ぶ仕掛けがあったり、コース下の休憩所が本物の列車車両という、なかなかツボをついた設備が〇です。

とはいえ、ある程度滑れるようになったら、どんどんいろんなスキー場に連れて行ってあげましょう。^^