お金を増やす

あなたの稼ぐ力はおいくらほどか?!【人的資本論をサラリーマンに適用してみる】

みんな何かを投資して生きている

お金を投資?労働力を投資?

  • お金を金融市場に投資して、リターンとして年利を得る。
  • 自身を労働市場に投資して、リターンとして年収を得る。

これらは同じことだ、という考え方があります。

人的資本論

作家、橘玲(たちばなあきら)さんの本を読んでいると、いろんなところで人的資本論という言葉が出てきます。

最近の著書「幸福の「資本」論」から紹介します。

ノーベル賞学者の人的資本理論

ノーベル経済学賞を受賞したアメリカの経済学者ゲーリー・ベッカーは、ひとはそれぞれ「人的資本(ヒューマン・キャピタル)」を持っており、それを労働市場に投資して日々の糧となる収益(給料)を得ているのだと考えました。

引用・・・・橘玲著 「幸福の「資本」論」

資本家金融資本1億円を株式市場に投資し、リターンとして年5%の利益 500万円を得ている。」

労働者人的資本1億円を労働市場に投資し、リターンとして年5%の収入 500万円を得ている。」

これらは同じだってことです。

投資しているものがちがう

別の著書「残酷な政界で生き延びるたったひとつの方法」からも紹介します。

金融資本を金融市場で運用するか、人的資本を労働市場で運用するかのちがいはあれ、誰もが一人の投資家=資本家だ。投資家が人的資本と金融資本を同時に運用していたとしても(働きながら株式投資をしていたとしても)、なんの不思議もない。

引用・・・橘玲著 「残酷な政界で生き延びるたったひとつの方法」

  • 1億円持ってて不労所得である年利 500万円を得ている人
  • 働いて労働所得である年収 500万円を得ている人

どちらも投資家としては同じだけど、投資しているものが違うんですね。

そしてもちろん、両方を同時に運用することも可能です。

サラリーマンの人的資本を計算してみた

「幸福の「資本」論」からまたまた引用します。

一般的なサラリーマンは、どれほどの人的資本を持っているのでしょうか。

細かな計算式を省いて結論だけいうと、生涯年収3億円(年収は入社時 250万円、65歳定年で退職時 1,300万円、退職金 3,000万円)の標準的なモデルで、リスクプレミアム(会社が倒産したり、病気になって収入を得られなくなるリスク)を加えた割引率を8%とした場合、社会人になったばかりの若者の人的資本は約 5,500万円になります。

引用・・・・橘玲著 「幸福の「資本」論」

投資している自分自身の値段はいくらなのか、この本の条件で実際に計算してみましょう

標準的な年収モデル

この本で紹介されている標準的な年収モデルです。

  • 生涯年収3億円
  • 入社時の年収 250万円
  • 65歳定年
  • 退職時の年収 1,300万円
  • 退職金 3,000万円

年収と退職金をグラフに表すとこうなります。

年収モデル65歳で退職金 3,000万円、66歳で年収ゼロにしました

この年収モデルでサラリーマンの人的資本を計算してみましょう。

今の給料と将来もらえるであろう給料と退職金から、今の自分自身の値段を計算するのです。

計算方法

計算には、将来価格という考え方を使います。

今の 100万円と、1年後にもらえる 100万円だと、どう考えても今の 100万円の方に価値がありますよね。

これを同じ価値とするために、期待される金利で割り引くという考え方です。

先に紹介した本の引用で「割引率を8%」とあるのはこのことを言っています。

たとえば、1年後の 100万円を8%で割り引くと、100÷1.08 ⁼ 92万6千円となります。

この計算を積み重ねていくと、将来もらえる全給料と退職金を現在の価値に置き換えることができるのです。

人的資本の計算結果

人的資本サラリーマンの人的資本の金額だ!

計算すると大卒入社1年目23歳で5,536万円となりました。

「社会人になったばかりの若者の人的資本は約5500万円になります。」という記述とだいたい合ってます。

計算した人的資本から分かること

若者は体が資本

23歳で自分の値段(人的資本の額)が 5,500万円です。

若いころってあんまりお金(金融資産)を持ってないのが普通なわけで、手元にお金はないのに、自分の価値は 5,500万円とかなのです。

まさに体が資本なわけで、唯一の資本である人的資本 5,500万円を労働市場に投資して年収 250万円とかを得る生活です。

ここで必要なことは「自分の市場価値を高めて高く買ってもらう」こと。

たとえば給与所得者になるのなら、

  • いい大学を出て高給のとれる企業に就職する(学生)
  • 能力を高めてより高いポジションを目指す(社会人)

というような話になりますね。

人的資本若いうちは人的資本をがんばって上げる

人的資本のピークは 50歳

年収の上昇に合わせて人的資本の額も上昇していきますが、50歳くらいでピークを迎えてその後は下がっていきます。

65歳の定年を最後に収入が途絶えてしまうからですね。

働き盛りの 30代~50代は人的資本が上昇している真っ最中であり、家族からも大事にされる。

仕事は忙しいけどサラリーマンとしては一番幸せな時期なのかもしれません。

定年を迎えると一気にゼロ

65歳で退職金を受け取って退職したら、サラリーマンとしての人的資本はゼロ円になってしまいます。

ここで発生する事態は、

  • 稼ぎがなくなった
  • ずーっと家にいる

こんな感じでしょうか。

あぁ妻のストレス、熟年夫婦の危機・・・なんてことにならないよう、あらかじめ生き方を考えておく必要がありますね。

中年で失職すると厳しい

例えば、55歳で割増退職金をもらって早期退職に応じるとしましょう。

55歳時の人的資本は 9,400万円くらいです。

失職してしまうということは、これが一気にゼロ円になるということです。

退職金が仮に 2,000万円あったとしても 7,400万円の損失です。

うーん、これは厳しい・・・・。

転職を考えてみる

たとえば、55歳から年収 300万円の職につくことができて65歳まで働けるとします。

この条件から人的資本を計算すると 2,300万円です。

  • 55歳での標準モデルの人的資本 9,400万円
  • 早期退職でもらえる割増退職金 2,000万円
  • 再就職できた場合の人的資本 2,300万円

この場合は、お金の面だけで見るとまだ 5,100万円くらいのマイナスですね。

いわゆる、会社にしがみつくというのも理解できなくもないと・・・

もちろん、好条件で再就職できれば再就職したほうが有利だ、という状況もありえます。

人的資本以外の資本を蓄えておく

中年以降になって人的資本しかありません!(つまり全然貯金できていません)という状態で、予想しない失職に遭遇するとタイヘンです。

また、定年後の人生も長いのです。

いい歳のおじさんになったころに、ある程度の金融資産を持てるように努力しましょう。

その他には社会資本、いわゆる人とのつながりですね。

人的資本、金融資産、社会資本を考えながらどう生きるか、という話は「幸福の「資本」論」に詳しく載っています。

追記

統計データを使って、実際に近い年収モデルからも人的資本を計算してみました。

あなたの稼ぐ力はおいくらほどか?!【現実的な年収から人的資本を計算】

ひとこと

あくまでも給与所得者としての人的資本の話でした。

仕事のやりがい、家族との絆や友達との友情、持っている金融資産など考慮すべきことはたくさんありますので、実際の事情はもちろんそれなりに複雑です。

参考文献:

幸福の3つのインフラ「金融資産」「人的資本」「社会資本」をどう組み合わせて生きていくか?!

伽藍を捨ててバザールに向かえ。恐竜の尻尾の中に頭を探せ。と説く自己啓発の書?!

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です