IT~情報と技術

Windows10 をアップデートしたらディスプレイに黒枠ができてしまう

Windows10 をアップデートしたら、ディスプレイの映りかたがちょっと変になってしまいました。

そのあたりの対処方法を、忘備録として残しておきます。

Windows10 をアップデート

今日は 2018年6月5日です。

この日の朝、「Windows のアップデートを保留しています」とメッセージが出たので、あまり何も考えずにアップデートを実行したのです。

そうしたらなんだか大掛かりなアップデートだったようで、再起動を何度か行いながら30分ほど時間を取られました。

アップデートが終わって「さーやれやれ、やっと作業ができるよ」と思ったら違和感が・・・・。

ディスプレイに黒枠が

画面がディスプレイいっぱいに広がってなくて、表示エリアの80%くらいしか使われていない感じで、外周に黒い外枠ができてます。

若干文字もにじんで見えるし、なんだこりゃ?!

そういえば以前もこんなことあったかも・・・と思い忘備録として残しておきます。

環境

問題が起こった環境です。

グラフィック: ATI Radeon HD4250
ディスプレイ接続: HDIMI 経由

対処方法

AMD 社のサイトに、HD4000 シリーズでオーバースキャン/アンダースキャンの修正方法というのがあります。

これをやれば直りました。

日本語サイトもあります

Windows10アップデート時のトラブル

Windows10のインストール後、HDMI接続で黒枠が表示される

要点は以下

レジストリを編集しますので、失敗すると予期しない問題が起こります。

あくまでもご自分でリスクでお願いします。

  • regedit から「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Video\」に行きます
  • Video の中から「0000」という名のフォルダを探します
  • そこに「DALR6 DFPI 21920x1080x0x59」というバイナリのセットがあるので、開いて中身を全部 00 に書き換えます。
対処方法「08」を1か所、「01」を2か所、「00」に書き換えます

このあと再起動したら、画面がディスプレイいっぱいに広がりました!

しかしなんだかな~。

余計な手間でカンベンしてほしいですね。

ひとこと

前回は Windows7 を Windows10 にアップデートしたときになったような記憶がありますが、定かではなく。

何にせよ無事に修正できてよかったです。