英語の勉強

ラジオ英会話「節①」L153 2018/11/21日

11月7日からNHKラジオ英会話で勉強始めました。

今日は「レッスン153 文の中の小さな文:節① that節(主語位置)」です。

今日習うテーマは、文の中の小さな文:節①です。

受動態が終わり今日から「節」の勉強です。

キーセンテンス

that節

That he is hiding something is plain to see.

”That he is hiding something”というカタマリが主語の位置にある。つまりこれはそのまま主語である、ということ。

その他の例

That she was lying was obvious.

That the medicine was not working was easy to see.

That Hirotaka won the speech contest came as a pleasant surprise to everyone.

Grammar In Actionで出てきた、主語として使われているthat節の例です。

ディクテーション

講師とパートナーが英語で会話するところです。

聞けばだいたい意味は分かるのですが、ちゃんと文字に落とそうとすると結構タイヘンです!

間違ってたら教えてください。

冒頭のやりとり 0:15~

Rosa: How did you guys like Onishi-sensei’s new song? Well you’ll hear more later. Hi everyone, it’s Rosa Akino.

Chris: Hi everyone Chris McVay here, so let’s begin.

Rosaの”you’ll hear more later”がちょっと違うかも・・・。

本文紹介のあと 2:20~

Onishi-sensei: So how come you understand “that he is hiding something” is the subject of the sentence here?

Rosa: Come on! Are you gonna ask some more difficult question one of these days?

Chris: I mean how often have we talked about English being, you know, a language based on the position to position is everything therefor, because of the position of “that he is hiding something” we know automatically it must be the subject of the sentence, right?

Rosa: Simple is that.

英語はとにかく語順が大事だと。

本文和訳の後で 5:00~

Chris: If you want more information you should check out our most valuable text book.

いつもの「テキストを見ましょう!」ですね。

obviousの代わりに使える単語について 10:35~

Onishi-sensei: So, are there any alternatives for obvious here?

Chris: Well you could say “clear?”

Rosa: Or even “apparent?”

obvious = clear = apparent

単語

WORDS & PHRASESにある単語で、割と基本的なもの(よく使いそうなもの)を、英英辞典で確認してみます。

割と英文が読みやすいCollins Cobulild辞典で、と思ったら今どきはオンラインで使えるみたいです。

Collins Dictionary

suspect

[countable noun] A suspect is a person who the police or authorities think may be guilty of a crime.

警察や当局が犯罪を犯した(有罪である)と考える人のこと。

theft

[variable noun] Theft is the crime of stealing.

窃盗の犯罪。

全てCollins Dictionaryからの引用です。

最後に

節=部分文である、と副島隆彦氏がどこかで書いていました。どの本かすぐに思い出せないんですが・・・。

確かに、that以下は普通の文になっています。文の中にある文=部分文ですね。