自分で料理

簡単・おいしい!らっきょうの漬け方を考えてみる

らっきょうを自分で漬ける場合に、どんならっきょうを買って、どうやって漬けるのが良いか?

いろいろ考えてみました。

らっきょうを漬ける方法の選択肢

既製品のらっきょう漬けを買うと、結構高いんですよね。

買ってきた1パックなんて、ポリポリ食べてればすぐになくなっちゃいます・・・ということで、自分で漬けてみるのも1つの手。

漬け方のおすすめは、泥付きらっきょうと、らっきょう酢を買ってきて、かんたん漬けで漬ける!です。

らっきょうとらっきょう酢泥付きらっきょうとおたふくのらっきょう酢

らっきょう

らっきょう漬けるぞ、と意気込んでスーパーに買いに行くと「泥付き 1㎏」とかで袋に入って売ってます。

泥付きのほかに「洗い」や「塩漬け」というを見ることもあります。

オススメは泥付き。歯ごたえが違う!

泥付き

畑で収穫したあと、根(お尻)と葉(頭)をざっと落としてありますが、まだ泥や砂が表面に残っています。

洗い

根と葉を切り落として、さらにきれいに洗ってあります。

これを使うと作業がかなり楽ですが、できあがりの歯ごたえがイマイチとなります。

塩漬け

「洗い」をさらに塩漬けしたものです。

これを塩抜きしてから使いますが、買ったことがないです。

らっきょう酢

できあいのらっきょう酢を買ってきて使う方法と、自分でらっきょう酢を作る方法があります。

オススメは、らっきょう酢を買ってくる、ですね。

これで十分おいしいし、失敗もありません。

らっきょう酢

スーパーに行けば、ミツカンやおたふくのらっきょう酢が並んでいます。

自分で作る

らっきょう酢を自分で作るなら、「酢+水+砂糖」で作ります。

JA鳥取のサイトにある、らっきょう漬けの解説を見てみましょう。

ここにらっきょう酢(調味液)の作り方が載っています。

漬け方

漬け方は、塩漬け後にらっきょう酢に漬ける本漬けと、最初かららっきょう酢に漬けるだけという簡単漬け、があります。

オススメは簡単漬けです。

食べた感じ、2回に分ける本漬けとそんなに変わりません。

かんたん漬け

洗ったらっきょうを、らっきょう酢に漬けるだけ。

本漬け

ふたたびJA鳥取のサイトにある、らっきょう漬けの解説を見てみましょう。

本漬けでは、洗ったらっきょうを塩漬けで2週間ほど発酵させ、それから塩抜きしてらっきょう酢に漬けます。

けっこう面倒くさいです。

ひとこと

自家製らっきょうは「泥付きらっきょう」と「らっきょう酢」を買ってきて「かんたん漬け」で漬ける。

これでいきましょう。

あと、売ってるシーズンはすぐ終わっちゃいますので気を付けましょうね。