IT~情報と技術

ドットインストールの少人数スパルタ方式プログラミングスクール【失格しちゃいました・・・】

「ドットインストール」というプログラミングのオンライン講座が、少人数スパルタ方式のプログラミングスクール”256times”を始める、っていうんで申し込んだ話を少し前に書きました。

毎朝課題が届く1月14日まで振り落とされないようにしたかったのですが、落とされてしまいました・・・。

結構ダメージ食らってしまいましたが、気を取り直して日々がんばります!


Day7で終了しました

元旦から始まったスパルタ方式プログラミングスクール。1月14日まで毎日課題をこなすつもりでしたが、半分のDay7で終了。

「課題の内容についてはSNS等にアップしないように」ということなので、書けないのですが、1週間いろいろ勉強になりました。

総合的な判断だったらしい


Day7の回答がショボかったのかな~。

そういえばあの記述が、そういえばあの解釈が、とかいろいろ頭の中を妄想が駆け巡っていました。

が、ドットインストールのツイッターを見るとDay1~7までの回答を総合的に判断したって書いてある。

もともと400人くらいいて10人に絞るとも。

倍率40倍じゃん! 

いずれにせよ、力及ばず・・・・。

勉強になりました

ドットインストールを使って、HTML・CSS・JavaScriptの勉強を一通りやっています。その辺のこともブログに書いたりしています。

プログラミング学習の記事まとめ

しかし、今回のスパルタ方式プログラミングスクールでもらった課題をやってみて思いました。

動画を見て、自分で手を動かして、同じコードを作って試したりはしましたが、それだけでは身についていない!

  • 複数回やる。
  • 同じ文法事項でも違うコードを書く。
  • オリジナルの課題に対して頭を使って書く。

なんていうプロセスが必要です。当たり前っちゃ当たり前なんですが・・・。

あと、どのあたりが重要項目化か?というポイントも少しずれていたように思います。

おわりに

ツイッターの#256times でみなさんがいろいろつぶやいています。

ここでなんとなーく連帯感も生まれつつあった中での退場となりました。

次の機会までに精進して、またチャレンジしたいな~。