英語の勉強

NHKラジオ英会話「関係代名詞whoー疑問詞でも関係代名詞でも違いはなかった!」L186 2019/1/14日

NHKラジオ英会話、1月14日はレッスン186「関係代名詞who whoのガッチリとした接続」

関係代名詞whoの登場です。thatとの違いも合わせて確認していきましょう。

ダイアログは、宇宙飛行士になりたい女の子の話。

ニールアームストロングの月面歩行は、さすがに私もリアルタイムで見た記憶はありません!

関係代名詞who – whoのガッチリとした接続

14日は月曜でした。連休でうっかりしてまして、ブログのアップが遅れてしまいました。

今日は関係代名詞whoの話です。関係代名詞whoも、wh疑問文で使うwhoも、使う上での意識の違いは無いらしいです。

そーだったんですね・・・・。そんな話は初めて聞きました。

Real Grammar for Communication

Key Sentence

関係代名詞who

I know a girl who wants to become an astronaut.

I know a girl who □ wants to become an astronaut.

a girlが先行詞で、空所の□がwants to becomeの主語の位置にあります。

  • wh疑問文で空所が人であることを指定していた。
  • 関係代名詞で後続する節の空所が人であることを示している。

これらは同じことなんですね。

Grammar in Action

英作文のコーナーです。

問題: 日本で起業したいフランス人の男の人と会った。

おススメ: I met a French guy who wants to start a business in Japan.

私の文: I met a French man who wants to start a business in Japan.

まぁまぁです。

問題: スペイン語を話せる人をだれか知っていますか?

おススメ: Do you know anyone who can speak Spanish?

私の文: Do you know a man who can speak Spanish?

誰か=anyoneでした。

問題: 僕の兄は危険を冒すことが好きな種類の人間だ。

おススメ: My brother is the kind of person who likes to take risks.

私の文: My brother is a kind of man who likes to take a risk.

定冠詞と不定冠詞、単数形と複数形、この辺のちゃんとした感覚は一生身につかない気がする・・・。

ディクテーション

講師とパートナーが英語で会話するところです。

冒頭のやりとり 0:05-

Onishi: ラジオ英会話、ハートでつかめ英語の極意。「がちゃこ~ん!」講師の大西泰斗です。

Rosa: Hey guys. This is Rosa Akino. Thanks for tuning in.

Chris: Hi guys. Chris McVay here. It’s hard to believe that we’ve been doing these lessons for over nine months. Let’s keep up our energy, OK?

がちゃこ~ん、というのは関係代名詞whoで接続、のことでした。

ダイヤログ紹介のあとで(whoとthatについて) 2:05-

Onishi: So, what’s the difference between “a girl that wants to be an astronaut” and “a girl who wants to be an astronaut”?

Rosa: Well, if you say, “a girl who wants to be an astronaut”, it makes it much more human, like you are talking about a human being, right?

Chris:Yes, so it adds the lots of precision or clarity to the expression, right?

thatよりも人に対しての説明だ、というニュアンスが強まります。

ダイヤログ和訳のあとで 4:30-

Rosa: Did you see the text book for January? If not, take a look. It has lots of information.

いつものテキストを見ましょう!です。

take riskについて 12:20-

Onishi: So, what is the exact nuance of “take risks” here?

Chris: Well you know, in my opinion, most westerners see risk in a positive light, at least as an approach to life.

So, I remember a famous quotation which says, “The person who risks nothing, does nothing, has nothing, is nothing and becomes nothing.”

So, of course there are negative dangers involved in risk but generally speaking, as I say as an approach to life, ah… it’s pretty positive.

Rosa: Yeah, and I think in the Japanese language, risk has a negative connotation, but in English it definitely has the nuance of “taking a chance”.

You don’t know if it would be good or bad, but taking that opportunity.

approach to life: 人生に対する取り組み方

connotation: 含意

結構聞き取るのタイヘンでした。リスクに対する考え方は、西洋と日本で結構違うという話です。

終わりに 13:55-

Onishi: So, who as the question marker and who as the relative pronoun, do you find the any difference between these two?

Chris: For me I don’t see any difference at all.

They, you know, establish that we are talking about a human being and therefor they add a lot of clarity to the whole expression. What do you think, Rosa?

Rosa: ふーん、そうだねぇ。

I would have to agree. There is no real distinction between the two for us.

distinction: 差異

wh疑問文でのwhoと、関係代名詞でのwho、両者に違いは無い。どちらも人について説明を加えて表現の正確さを補っているだけ。

だそうです。そーか、そーだったんですね・・・・。

単語

WORDS & PHRASESにある単語で、割と基本的なもの(よく使いそうなもの)を、オンラインのCollins Cobulild英英辞典で確認してみます。

Collins Dictionary

astronaut

[countable noun] An astronaut is a person who is trained for travelling in a spacecraft.

ちょうど関係代名詞whoを使った説明です。a personが先行詞で、who以下の節で説明が追加されていますね。

space

[uncountable noun] Space is the area beyond the Earth’s atmosphere, where the stars and planets are.

こちらはwhereを使った説明ですね。今月末くらいに習う関係副詞です。

spaceにはたくさん意味がありますので、その中から宇宙(空間)に相当するものを選んでいます。

全てCollins Dictionaryからの引用です。

最後に

今日のディクテーションは結構タフでした・・・。

しかしまぁ、疑問詞も関係代名詞も同じ意識で使っている、というのが新しい発見ですな。