英語の勉強

NHKラジオ英会話「関係代名詞whoseーめったに使わないけどないと困る単語」L187 2019/1/15日

NHKラジオ英会話、1月15日はレッスン187「関係代名詞whose 所有格を結ぶ」

whoseでなければ作れない組み合わせを学びましょう。

ダイアログは、自宅のフェンスに隣の住人が車で突っ込んだのに、俺じゃないってうそをつかれているという、何とも言えないシチュエーションです。

弁護士が・・・と言う前に、まずは相手の車をチェックさせてもらった方が良いのでは?!

関係代名詞whose – 所有格を結ぶ

今日は関係代名詞whoseの話です。めったに使わないけどなかったら困る。そんな存在がwhoseだ、という説明でした。

Real Grammar for Communication

Key Sentence

関係代名詞whose

I have a friend whose father is a good lawyer.

I have a friend whose father is a good lawyer.
誰のお父さん→友達のお父さん

I apologized to the boy whose bicycle I damaged.
誰の自転車→その少年の自転車

この2つ目の文はなかなか難しいですね。ぱっと出てこないんじゃないでしょうか。

Grammar in Action

英作文のコーナーです。

問題: あれが、そいつの犬がいつも僕に襲い掛かってくる近所のヤツだよ。

おススメ: That’s the neighbor whose dog always attacks me.

私の文: This is a neighbor whose dog always attack me.

theとaは難しいです・・・。

確かに、襲い掛かってくる犬の飼い主はあいつだ、って頭の中で特定できてますからね。

あとここでa neighborだと、襲い掛かかってくる犬の飼い主が近所に何人か居ることになっちゃいますね。

問題: 彼女は、そのレッスンを私たち皆が好きな英語の先生です。

おススメ: She’s the English teacher whose lessons we all love.

私の文: She is an English teacher whose lessons we love.

またまたtheとaです。さっきと一緒ですね。

どの英語教師なのかを特定しながら話してますし、私たち皆が好きな英語の先生は一人なので、theとするべきですね。

問題: ジャックは私がアドバイスを聞く唯一の同僚だ。

おススメ: Jack is the only co-worker whose advice I listen to.

私の文: Jack is the only colleague whose advice I agree.

アドバイスを聞くが、hearじゃない、とは思いました。言うことを聞く=分かってくれると推測してagreeにしましたが、なるほどlisten toでいいのか。

co-workerとcolleagueの違いは、ディクテーションで出てきます。

ディクテーション

講師とパートナーが英語で会話するところです。

冒頭のやりとり 0:05-

Onishi: ラジオ英会話、ハートでつかめ英語の極意。講師の大西泰斗です。さぁ今日は僕が英単語の中でもっとも好きなものが登場しますよ。

Rosa: Hey everyone. This is Rosa Akino. Hey, whose pen is this?

Chris: I have no idea. Hi everyone. Chris McVay here. If you are like me, you are really wondering which word is Onishi-sensei talking about? It’s a mystery.

先生の言っている一番好きな単語って何?It’s a mystery…

ダイヤログ紹介のあとで(whoseについて) 2:15-

Onishi: So, “whose” is a relative pronoun that is not so frequently used, right?

Chris: That’s right. It’s not used very frequently but it is really useful.

Rosa: It has a function that no other relative pronoun has.

Chris: It’s unique and expressing belonging.

whoseは他の関係代名詞と違って、belonging=所有を表します。

ダイヤログ和訳のあとで 4:40-

Chris: You know, I have a friend whose Mom loves the text book. Check it out and you will get to love it too.

いつものテキストを見ましょう!です。今日のはちょっと難しかったです。

co-workerについて 13:20-

Onishi: So, what else can we say for co-worker here?

Rosa: We could say colleague

終わりに 14:15-

Chris: So, “whose” it’s a great word, it’s Onishi-sensei’s favorite word. It’s very useful and very unique so, please practice, practice, practice until it comes out of your mouth naturally.

Rosa: And I just want to say that it’s important to not give up and like Chris said keep practicing. くじけちゃだめよ、ベイビー。

come out of~: ~から出てくる。

頑張って練習を繰り返そう。

単語

WORDS & PHRASESにある単語で、割と基本的なもの(よく使いそうなもの)を、オンラインのCollins Cobulild英英辞典で確認してみます。

Collins Dictionary

lawyer

[countable noun] A lawyer is a person who is qualified to advise people about the law and represent them in court.

lawyerは人です、ときて、どんな人かが関係代名詞whoの後に続いて説明されています。

法律についてのアドバイスをしたり、法廷で代理人をやる、資格のある人。

situation

[countable noun] You use situation to refer generally to what is happening in a particular place at a particular time, or to refer to what is happening to you.

situationという単語をあなたは使います、ときて、どう使うかがto refer以下に続きます。

何が、どこで、いつ、起こっているか、もしくは何があなたに対して起こっているか、を表現するために使う。

全てCollins Dictionaryからの引用です。

最後に

  • whoseはめったに使わない。
  • 所有格も表す分特別な関係代名詞。

しっかり覚えておきましょう!