英語の勉強

NHKラジオ英会話「関係代名詞who・whomーwhomはもう使われません。」L188 2019/1/16日

NHKラジオ英会話、1月16日はレッスン188「関係代名詞who・whom 目的語位置の空所に使おう」

文法的にがっちり正しいのはwhomですが、堅苦しい感じだし、急速に使われなくなっているそうです。

今日のダイアログは、宮島観光のようす。新幹線で自分の後ろに座っていた人を偶然見かけるという話です。

関係代名詞who・whom – 目的語位置の空所に使う

今日は関係代名詞whoとwhomの話です。

目的語位置の空所に使う関係代名詞として、省略 → that → who → whom、の順番でお気楽な感じから堅苦しい感じになっていきます。

つまりwhomは一番フォーマルな感じなのですが、使用頻度も下がります。

Real Grammar for Communication

Key Sentence

関係代名詞who・whom

That’s the man who I met on the bullet train.

That’s the man who I met □ on the bullet train.
空所の□がmetの目的語位置にあります。

(↑お気楽)
That’s the man I met on the bullet train.
That’s the man that I met on the bullet train.
That’s the man who I met on the bullet train.
That’s the man whom I met on the bullet train.
(↓堅苦しい)

上の文章ほどお気楽に使える、下の文章ほど堅苦しい感じ、となります。

Grammar in Action

英作文のコーナーです。

問題: 僕らがつい最近雇った男を僕は本当に気に入ってるよ。

おススメ: I really like the guy who we just hired.

私の文: I really like the man who we hired recently.

うーん、まぁまぁかな。

問題: 私の両親は私が付き合っている男性が大嫌いなの。

おススメ: My parents can’t stand the guy I’m going out with!

私の文: My parents can’t stand the guy who I go out with.

後ろにつながる節は進行形の方が良いんでしょうね。whoも省略してカジュアル感を出しているのでしょう。

問題: 残念ながら彼らがマネージャに選んだ人にその仕事は務まらない。

おススメ: Unfortunately, the person who they chose to be manager is not up to the job.

私の文: Unfortunately the person who we select as our manager doesn’t up to the job.

「彼らが」なのでtheyですね。is notのところをdoesn’tにしたのは初歩的な間違いですね。

ディクテーション

講師とパートナーが英語で会話するところです。

冒頭のやりとり 0:05-

Onishi: ラジオ英会話、ハートでつかめ英語の極意。講師の大西泰斗です。今日も、ががが~んばっていきましょう。

Rosa: Well-well-well come back to Wednesday’s lesson everybody. Rosa Akino here.

Chris: Hi everyone. Chris McVay here. So, Rosa, you are here and I’m here. So, what a coincidence ha?

Rosa: Let’s just get started.

ダイヤログ紹介のあとで(who以外について) 2:00-

Onishi: In this sentence “who” is used. Any other options here?

Chris: Sure, you can leave out leave out “who” all together. That’s the man I met on the bullet train.

Rosa: Oh, you could say “that”. That’s the man that I met on the bullet train.

Onishi: So, how about “whom”?

Rosa: Humm, it sounds a bit, how do you say?

Chris: Old fashioned?

Rosa: Yes.

whoの代わりに、thatやwhomを使うことができますが、whomは古臭い感じがします。

ダイヤログ和訳のあとで 4:35-

Chris: Hey look. That’s the text book that everyone is talking about. I think all our listeners should check it out for more information.

いつものテキストを見ましょう!です。

hireについて 9:10-

Onishi: So, Chris, what is the nuance of this verb “hire”?

Chris: Well, I think the focus with this verb is on the moment and the action of hiring so, bang! you are hired.

hireは、ぱっと瞬間的に雇うイメージ。

終わりに 14:00-

Onishi: Chris, what’s your impression of this word?

Chris: Well I think the first thing to say is that it’s dramatically correct. Therefor I think it’s with the learning how to use it because in, for example, the official speech. It would be fine to use it. However, in everyday conversation I think many people would laugh at you if you use it. It gives a kind of ???? impression.

Rosa: Very well said Chris.

????のところはよく聞き取れませんでした。

単語

WORDS & PHRASESにある単語で、割と基本的なもの(よく使いそうなもの)を、オンラインのCollins Cobulild英英辞典で確認してみます。

Collins Dictionary

rare

[adjective] Something that is rare is not common and is therefore interesting or valuable.

rareな何かというのは、とまずきて、that以下の節で説明があります。

一般的でなくて、それゆえに価値があるもの。

polite

[adjective] Someone who is polite has good manners and behaves in a way that is socially correct and not rude to other people.

politeな人は、と関係代名詞whoを使った主語がきて、hasで説明が続きます。

マナーが良くて、社会的に正しい行動ができて、ほかの人に横柄な態度をとらない。

全てCollins Dictionaryからの引用です。

最後に

昔whom習ったとき、なんだか難しいなぁ~って思ったんですよね。

そして現代英語ではほとんど使われなくなっているそうです。「私が会ったところの人なり」みたいな表現なんでしょう、きっと。