英語の勉強

NHKラジオ英会話「空所を使いこなそうーAkaneを助けたのか?Akaneが助けたのか?」L189 2019/1/17日

NHKラジオ英会話、1月17日はレッスン189「空所を使いこなそう」

関係代名詞にに続く節の空所が、主語に相当するのか、目的語に相当するのか、で文全体の意味が変わります。

今日のダイアログは、英語スピーチコンテストに優勝したアカネのお母さんと、英語教師ジョーンズ先生との会話です。

関係代名詞に続く節の空所を使いこなそう

空所が主語の位置なのか、目的語の位置なのか、によって文の意味がぜんぜん違います。これを今日はまとめてみてみましょう。

Real Grammar for Communication

Key Sentence

関係代名詞who・whom

That’s the girl who helped Akane.

That’s the girl who Akane helped.

That’s the girl who □ helped Akane.
空所の□がhelpedの主語位置にあります。だれかがAkaneを助けたのです。

That’s the girl who Akane helped □ .
空所の□がhelpedの目的語位置にあります。Akaneがだれかを助けたのです。

次の例

These are the students that encouraged your daughter.

These are the students that your daughter encouraged.

These are the students that □ encouraged your daughter.
空所の□がencouragedの主語位置にあります。だれかがあなたの娘を励ましたのです。

These are the students that your daughter encouraged □ .
空所の□がencouragedの目的語位置にあります。あなたの娘がだれかを励ましたのです。

Grammar in Action

英作文をがんばってみるコーナーです。

問題: この人が、私をとてもすばらしいお手並みで治療してくれたお医者さんです。

おススメ: This is the doctor that treated me so expertly.

私の文: This guy is the doctor who treat me expertly.

うーん、まぁまぁかな。治療してくれただから、過去形ですね。

問題: この人が、僕がすっばらしい手並みで治療してあげた患者さんだよ。

おススメ: This is the patient that I treated so expertly.

私の文: This is the patient that I treated so expertly.

同じ文章になりました。

問題: シェークスピアはとても多くの人々に刺激を与えてきた文筆家です。

おススメ: Shakespeare is a writer who has inspired many people.

私の文: Shakespeare is the writer who inspires many people.

the writerじゃなくてa writerなんですね。たくさんいるwriterのうちの1人みたいな感じでしょうか。難しいですね・・・。

刺激を与えてきた、だから現在完了形が良いんですね。

ディクテーション

講師とパートナーが英語で会話するところです。

冒頭のやりとり 0:05-

Onishi: ラジオ英会話、ハートでつかめ英語の極意、講師の大西泰斗です。さぁ今日も頑張っていきましょう。

Rosa: Hey guys. It’s Rosa Akino. Ready for another wonderful lesson?

Chris: Hi everyone. Chris McVay here. Well, you know, I was born ready Rosa. You know that?

Rosa: A long long time ago.

Chris: Oh, that hearts.

I was born ready.で「生まれたころから準備OKだ!」という意味になるそうです。
参考サイト

ダイヤログ紹介のあとで 2:00-

Onishi: So, is this sentence different from “That’s a girl who Akane helped.”?

Chris: Ha?

Rosa: Come on. You cannot ask us that!

Chris: It’s just totally different, right?

Rosa: Of course.

  • That’s the girl who helped Akane.
  • That’s the girl who Akane helped.

これらは全然違うよー、という話。

ダイヤログ和訳のあとで 4:30-

Chris: You know, we are over the moon with the response to our text book, so keep checking it out for lots extra of information.

いつものテキストを見ましょう!です。今日のダイアログに出てきたover the moonを使っています。

Grammar in actionの回答文③について 12:10-

Onishi: So, can you explain why the present and present perfect are used in this sentence?

Chris: When, you know, in the speakers mind here, everything is connected to the present. So, I think of Shakespeare and hum… writer in my mind he is still a writer and has inspires so many people, the impact continues through his writing so, the present is the focus here.

present: 現在形
present perfect: 現在完了

Rosa: And you would also be completely correct if you said Shakespeare was a writer who has inspired so many people.

If you want to emphasize a fact that he is not alive any more, but he continues to inspire many people today.

終わりに 14:10-

Onishi: So I think the listeners are well used to the use of the relative pronoun, don’t you think?

Chris: Yes, actually I noticed that not so many learners use them so I think our advice would be use them as often as possible. And you will really impress your native speaker friends.

Rosa: That’s right. It’s definitely a show of high English skill.

関係代名詞を使いこなすと、かなりの英語の使い手と見られるようです。

単語

WORDS & PHRASESにある単語で、割と基本的なもの(よく使いそうなもの)を、オンラインのCollins Cobulild英英辞典で確認してみます。

Collins Dictionary

personally

[adverb] If you do something personally, you do it yourself rather than letting someone else do it.

もし何かをpersonallyにやるならば、ときて次に節が続きます。他の人にやってもらうのではなくて自分でやる。

deserve

[verb] If you say that a person or thing deserves something, you mean that they should have it or receive it because of their actions or qualities.

人や物事がdeserve somethingであるならば、ときて次に節が続きます。それ(something)を得る必要があるということ。なぜならその人や物事のクオリティが高いから。

全てCollins Dictionaryからの引用です。

最後に

関係代名詞の復習を兼ねて、主語部分を表すのか、目的語部分を表すのかを、勉強しました。あえてこのような回を設けてくれると、理解が深まっていいですね。