英語の勉強

NHKラジオ英会話「前置詞を前に出してフォーマル - 関係代名詞上級者コース」L192 2019/1/22日

NHKラジオ英会話、1月22日はレッスン192「前置詞を前に出してフォーマル」

”~ in which ~”とか”~ to whom ~”のような使い方を勉強します。

今日のダイアログは、子どもが生まれた姉と弟の会話です。二人とも同じ病院で生まれたのだとか。

今週から順番をちょっと変えて、ディクテーションを冒頭に持ってきてみました。

ディクテーション

講師陣の英会話を聞き取ってみよう

講師とパートナーが英語で会話するところです。

冒頭のやりとり 0:05-

Onishi: ラジオ英会話、ハートでつかめ英語の極意、でございます。講師の大西泰斗で、ございます。いやー、フォーマルな感触ってたまにはいいですねぇ。

Rosa: Hey, guys. It’s Rosa Akino. What are we going to learn today?

Chris: Hi, I’m Chris McVay. I’m not sure but, you know, you must be thrilled to have another lesson today, right listeners?

Rosa: Absolutely.

be thrilledとabsolutelyは今日のダイヤログで出てきます。

ダイヤログ紹介のあとで 2:20-

Onishi: So, what do you think of this form?

Chris: Well, I think it’s slightly formal if you compare with putting the preposition at the end like “This is the hospital which we were both born in.” What do you think, Rosa?

Rosa: I would have to agree. It sounds kind of like a narration.

preposition: 前置詞

~ in which ~のような使い方はちょっとフォーマルで、ナレーションのように聞こえるそうです。

ダイヤログ和訳のあとで

なんと!今日はこの部分がありませんでした。

Grammar in Actionの2つ目の問題について 11:55-

Onishi: So, what kind of situation is this?

Chris: Well, I think we immediately get the impression that it’s a business type situation. Therefore, this formal way of using “whom” fits perfectly.

終わりに 14:00-

Onishi: What kind of impression do you get when the non-native speaker uses this type of sentence?

Chris: I just like to say “Bravo! You’ve studied well and you’ve got used to this quire advance type of English.”

Rosa: I would say that as long as it’s used in the proper context.

Chris: That’s really important I think, Rosa yeah?

Rosa: Yes, it can be a very good thing.

as long as~: ~する限りは。

as long as it’s used in the proper context.
正しい文脈の中で使っているならね、って感じかな。

英単語

英英辞典で単語を調べてみよう

WORDS & PHRASESにある単語で、割と基本的なもの(よく使いそうなもの)を、オンラインのCollins Cobulild英英辞典で確認してみます。

Collins Dictionary

absolutely

[adverb] Some people say absolutely as an emphatic way of saying yes or of agreeing with someone.

They say absolutely not as an emphatic way of saying no or of disagreeing with someone.

absolutelyと言う人もいます、ときて、as以下で説明があります。他の人にYesというか、もしくは同意していることを強調する言い方として。

absolutely notと言う人もいます。ときて、as以下で説明があります。他の人にNoというか、もしくは同意していないことを強調する言い方として、

take after

[phrasal verb] If you take after a member of your family, you resemble them in your appearance, your behaviour, or your character.

あなたが家族の誰かにtake afterしているなら、ときて、続く節で説明があります。あなたの見た目やふるまい、性格が似ている。

全てCollins Dictionaryからの引用です。

勉強したこと

Real Grammar for Communication

関係代名詞の前に前置詞がくる形を勉強しましょう。

Key Sentence

関係代名詞which

This is the hospital in which we were both born.

This is the hospital which we were both born in □.
このborn inのinをwhichの前に持っていきます。

次の例

The lawyer to whom I spoke earlier was very helpful.

The lawyer whom I spoke to □ earlier was very helpful.
spoke toのtoをwhomの前に持っていきます。

Grammar in Action

英作文をがんばってみるコーナーです。

問題: これが君が(話の中で)触れた書類なんですか?

おススメ: Is this the document to which you were referring?

私の文: Is this the document to which you referred?

うーん、まぁまぁかな。

問題: この人たちが私がこの情報を共有している人たちです。

おススメ: These are the people with whom I shared this information.

私の文: These are guys with whom I’m sharing the information.

「共有している人たち」なので節の中を進行形にしたのですが、おススメは過去形か。う~ん、難しいなぁ。

問題: 私たちが気が付くと陥っていた状況は大変危険なものだった。

おススメ: The situation in which we found ourselves was extremely dangerous.

私の文: It was very dangerous situation which we find ourselves.

前置詞のinは忘れちゃってますね、というかそこまで分からなかった。Itで始めるのもそんなに悪くない回答だと思うのですが、どうなんでしょう。

最後に

前置詞が前に出てくる関係代名詞の文は難しいですね。

実際は、自分からこの形で言ったり書いたりすることは無くても問題ないでしょう。

この手の文章に出会ったときに、ちゃんと理解できればそれで問題は起こらないはずです!