英語の勉強

ラジオの語学講座はその日のうちに聞く!【どこでも聞ける環境を作ろう】

ラジオ講座はとにかくその日のうちに聞こう

甘えを排除して、その日のうちに聞く!

NHKのラジオ語学講座はその日のうちに聞く、これでいきましょう。

毎日の私のパターンはこんな感じ。

PCで毎朝タイマー予約録音 → 聞きながら通勤 → 帰宅途中にディクテーションのみやる → 帰宅後腰を据えて勉強&ブログ作成。

録音して寝かせてしまうのはダメですよ。数日でも寝かせてしまうとそのままお蔵入りになってしまう可能性がきっとアップします。

私は毎日ブログでディクテーションを発信することにして、自分にプレッシャーかけてます。

何度もやめたい誘惑にかられましたし、何度か翌日更新になったこともあります。が、とりあえず続いています。

今の番組が終わる3月末までは意地で続けます!

いつ、どうやって聞くか?!

  1. まさにリアルタイムで聞く。
  2. 録音してその日のうちに聞く。
  3. 録音して翌日以降に聞く。
  4. 翌週から公開されるストリーミングで聞く。

①と②がおススメですね~。どちらにせよ、繰り返し聞くための録音は必須ですね。

④で聞いている人も多いと思います。私も以前利用していましたし、これも便利で良い方法です。

しかし!ついつい甘えの気持ちがわいてしまい、ずるずると・・・そしてずるずると・・・聞くのが翌日、翌々日、そしてお蔵入り、になりかねません。(経験ありませんか?!)

やっぱりその日のことはその日のうちに!がイチバンです。

外出中も聞けるようにしよう

外出してもスマホで聞ける環境を作ると、通勤中や仕事の休憩時間に聞くことができます。私の方法を紹介します。

インターネット放送をパソコンで録音する。

RadikoolというWindowsでラジオを聞くソフトがあります。タイマーを使った録音予約ができるので、これを使って毎朝タイマー録音します。

クラウドに録音ファイルを保存する。

録音した音声ファイルをOneDrive(マイクロソフトのクラウドサービス)に保存します。こうしておけば、外出先で手持ちのスマホからアクセスして聞くことができます。

OneDriveと同期するフォルダをPC上に用意しておいて、そこにRadikoolが録音したファイルを保存するように設定しています。

*このファイルは公開しないように。あくまでも個人のみで利用しましょう。

どこでも聞けるようになります。

そうするとスマホからOneDriveにアクセスして、どこでも聞けます。

外で自由に聞けるので、朝の通勤時間に一度聞いておいて、帰りは最寄り駅近くの静かな場所でディクテーションを9割の完成度くらいまでやっておいてから、帰宅後仕上げています。

さいごに

意思が弱いからこそ、その日のうちに!と決めてプレッシャーをかけましょう。