お金を増やす

ウェルスナビの資産運用セミナーに参加してみた

ウェルスナビの資産運用セミナーというのがあって、創業者の柴山さんが講師をされるということで参加してみました。

長期・積立・分散による資産運用のポイントは分かっているつもりでしたが、新しい発見もありました。

ウェルスナビでの積立投資

ウェルスナビは、去年の9月から始めました。

初期投資10万円に毎月1万円を積み立てるというミニマム投資で金額は小さいですが、積立投資の状況は当ブログでも報告中

資産運用セミナー 2019年2月28日

ウェルスナビから資産運用セミナーの案内が届きまして、なんでも創業者の柴山さんが講師をされるとか。

資産運用セミナーというとなんだか怪しそうですが、柴山さんの話なら・・・と思い恐る恐る参加してみました。

このセミナーはこれまで繰り返し行ってきたものらしく、その内容や感想はネットにもたくさんあります。

ここでは、私なりに印象に残ったポイントに絞って報告します。

セミナーのようすウェルスナビの代表取締役CEO 柴山さんが講師です。

3つのことを徹底している

ロボットアドバイザーとして大事な、以下の3点をきちんと実行しているのが特徴。

日本でこの3点をきちんとできているロボアド投資先は、ウェルスナビの他には無い。

  • 平均5兆円の、大型で安定した ETF を投資対象にする
  • ノーベル賞受賞者の理論に基づいて、最適な割合で組合わせる
  • これらの ETF を、投資者が直接保有する仕組みを提供する

順番に説明いたしましょう。

平均5兆円の、大型で安定した ETF を対象にする

ウェルスナビでは、アメリカの ETF(上場投資信託)を投資対象にしています。

せっかく有望な ETF に投資をしても、その ETF が廃止になってしまえば積立てを継続することができません。

積立て対象としては、大型で安定したものを対象にするべき、という話。

ノーベル賞受賞者の理論に基づいて、最適な割合で組合わせる

投資において、人間はついつい以下のような行動をとりがちです。

  • 値段が上がっているから買っておこう(高値で購入)
  • 値段が下がっているから売ってしまおう(安値で売却)

高値で購入、安値で売却・・・・って全然もうからないじゃないですかっ!!

つまり、人間の脳は資産運用には向いていないと。

何をどのような割合で買うかは、優れた理論をベースに仕組み化・アルゴリズム化・数式化してしまって自動で淡々と買っていくのが良い、という話。

これらの ETF を、投資者が直接保有する仕組みを提供する

購入した ETF は、ウェルスナビの利用者が直接保有する仕組みになっています。

仮にウェルスナビが倒産しても、ETF は自分たちのものなので、そのまま所有を継続できます。

ウェルスナビの経営リスクを分離している、という話。

世界全体の経済成長以上の投資リターン

世界経済は成長を続ける、という前提で投資をします。

ピケティの理論

配布資料配布資料からの抜粋

世界の経済成長率が年率3~4%であれば、世界市場に投資した場合のリターンは必ずそれ以上、具体的には4~6%を期待できる、という話。

そもそも世界の経済成長率がプラスを維持できるの?

これはよく聞かれる質問だそうです。

ここで、世界経済を「人口」と「一人当たりの生産量」に分解して考えます。

世界経済 = 世界の人口 × 1人当たりの生産量

  • 世界の人口:増える方向
  • 1人当たりの生産量:世界全体で見れば増える方向

つまり、世界経済も長期で見ればまだまだ成長する方向ですよね?という話。

「世界経済は成長を続ける」ことに賭けて、世界市場に長期で積立投資しましょう、というコンセプトです。

ウェルスナビとして目指す年間利率は4~6%だ、と明言されていました。

手数料

ウェルスナビの手数料は、預かり資産に対して年率1%となっています。

この手数料が、手続きに対してでなく資産に対してというところがポイントです。

手続きに対してだと、経営側には「とにかくたくさんの手続きをしてもらおう」というモチベーションが働きます。

そうすると、やたらと無駄な手続きをお勧めする、といったよく分からない状況になりがちなのです。

現状1%の手数料ですが、全預かり資産の規模がもっと大きくなれば、海外大手ロボアドの標準である0.5%くらいまで減額していきたいという話でした。

ひとこと

経営方針もしっかりしていますし、経営者である柴山さんの人柄も大変良さそうです。

最後の質疑応答で、大学生の方が「いつ始めるのが良いですか?」という質問をしていました。

それに対する柴山さんの答えは、「長期積立投資は、早ければ早いほど良い。」というもので、このようなことも言っていました。

ウェルスナビの期待リターンは4~6%だけど、若いころの自分への投資は何倍にもなって返ってくる。

そのあたりをよく考えて、勉強やいろいろなことへのチャレンジを優先する方が良いかもしれない。

うーん、なるほど・・・。

あくまでも期待リターンでお金の使い道を考えるわけですね。

そのあたりをきちんと客観的に説明する姿勢にも関心しました。

投資額増やそっかな・・・・。

↓ウェルスナビはこちらから

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です