IT~情報と技術

ドットインストール「詳解JavaScript 基礎文法編」で勉強#06(数値の計算)

ドットインストールというオンラインのプログラミング講座に「詳解JavaScript」というのがあります。

これでJavaScriptの基礎を勉強していきましょう。まずは「基礎文法編」から。

#06のメイントピックは、数値の計算をやってみる、です。

詳解JavaScript

ドットインストールのレッスン一覧に「②もっと詳しくJavaScriptを学ぼう」というセクションがあります。

ここに3つ並んでいる

  • 詳解JavaScript 基礎文法編(全24回)
  • 詳解JavaScript オブジェクト編(全23回)
  • 詳解JavaScript DOM編(全15回)

で勉強していきたいと思います。

これまでの勉強した内容はこちらです。

基礎文法編 #06

詳解JavaScript 基礎文法編 #06 数値の計算をしてみよう ←講座はこちら

数値の計算

数値の演算方法に関しては、MDNの算術演算子にいろいろと説明がありました。

算術演算子

+ 加算・足し算、文字列の連結も
減算・引き算
/ 除算・割り算
* 乗算・掛け算
% 剰余・割り算の余り
** べき乗

%で割り算の余りを返す、というのがなかなか覚えられないかも、です。

べき乗というのは、例えば「2の3乗」とかいうやつで、2**3と書けば2を3回掛ける、つまり2*2*2ということを表します。(これの答えは8です。)

計算の順番

数学で習った通りで、足し算や引き算よりも、掛け算や割り算が優先されます。あと、カッコでくくると優先度が上がります。

2+10*3 だと、10*3=30をやってから、2+30をやるので、答えは32です。

(2+10)*3 だと、2+10=12をやってから、12*3をやるので、答えは36です。

計算の順序計算の順序は数学で習った通りです。

今日のまとめ

数値の計算についてでした。

計算が出てくると、プログラミングらしくなりますね。数学アレルギーだった方も、頑張って乗り越えましょう!

超スローペースなプログラミング学習ですが、マイペースでぼちぼち続けています。

JavaScriptはちょっと難しいですが、がんばって一通りやってみましょう!