IT~情報と技術

ドットインストール「詳解JavaScript 基礎文法編」で勉強#08(変数を使う)

ドットインストールというオンラインのプログラミング講座に「詳解JavaScript」というのがあります。

これでJavaScriptの基礎を勉強していきましょう。まずは「基礎文法編」から。

#08のメイントピックは、変数を使ってみる、です。

詳解JavaScript

ドットインストールのレッスン一覧に「②もっと詳しくJavaScriptを学ぼう」というセクションがあります。

ここに3つ並んでいる

  • 詳解JavaScript 基礎文法編(全24回)
  • 詳解JavaScript オブジェクト編(全23回)
  • 詳解JavaScript DOM編(全15回)

で勉強していきたいと思います。

これまでの勉強した内容はこちらです。

基礎文法編 #08

詳解JavaScript 基礎文法編 #08 定数を使ってみよう ←講座はこちら

変数”let”を使う。

変数”let”に関しては、MDNのletに説明がありました。

let 文はブロックスコープの局所変数を宣言します。任意で値を代入して初期化できます。(MDNのletから)

  • ブロックスコープの局所変数を宣言する。
  • 任意で値を代入できる。

#07で出てきたconstと違って、任意で値を再代入することができます。

また、constもletも、ブロックスコープであると書かれています。

ブロック

ブロックとは何ぞや?と思って調べてみると、MDNのブロックに説明がありました。

ブロックは中括弧 (波括弧) の組で区切られ、場合によっては labelled が付くことがあります。(MDNのブロックから)

要するに、 { } で囲われたところをブロックと言います。

このMDNのブロックの説明のところに、const, let, varの動作の違いも丁寧に説明されています。

constとlet

ブロックスコープを持つ。設定した変数はブロック { } 内のみで有効。

var

ロックスコープを持たない。

設定した変数はそのブロックを超えて、つまり { } の外まで値が保持される。

今日のまとめ

変数(let)についてでした。

最近のプログラミングでは以下のようにやるのが流儀とのこと。

  • まずはconstを使う。
  • それだと対応できない場合はletを使う。
  • できるだけvarは使わない。

超スローペースなプログラミング学習ですが、マイペースでぼちぼち続けています。

JavaScriptはちょっと難しいですが、がんばって一通りやってみましょう!