自分で料理

春の味覚!河原や土手に行ってツクシを採ってきて、きんぴらにしよう!!

春です!

河原や土手に行けば、ツクシが生えてるかも?!

首都圏ならちょうど真っ盛り、今が旬、って感じのはず。

軽く炒めて、砂糖醤油を絡めていただきましょう。

土筆(ツクシ)

首都圏だと、3月中旬から下旬にかけて、河原や土手でツクシを採ることができます。

採ってきました

そろそろかなー、と思って多摩川の土手で探してみたら、結構生えてたので採ってきました。

多摩川のツクシ今日、多摩川の土手で見つけたツクシ
多摩川のツクシ探せばたくさん生えています。

結構たくさん生えてましたけど、採ってる人は全く居ませんでした。

  • ツクシが生えているのに気づいていない。
  • ツクシが食べられるとは思っていない。
  • 食べられるのは知っているけど、食べる気なんてない。

って感じなんですかね~。

ツクシのきんぴら

せっかくなので、ツクシをきんぴらにしてみましょう。

材料
  • ツクシ
  • かえし(もしくは醤油と砂糖)
  • ごま油(炒め用)

ハカマ取り

ツクシを食べる上で最大の難所です。

ツクシのハカマは硬くて食べられません。

なので、頑張ってはかまを剥いていくしかないのです・・・・。

コツは、ツクシが乾いたまま、手も乾いたまま、作業することです。濡れてると、ピトピトひっついて作業しにくいです。

ツクシのハカマがんばって剥くしかないツクシのハカマ

洗う

採ってきて乾いたまま作業したので、まだ洗ってないですよね。

ハカマを剥き終わったら、洗ってざるにあげておきます。

洗います。綺麗に洗います。たくさん採ったつもりでも、意外と少ない。

炒めてかえしをからめる

フライパンにごま油を中火で熱し、ツクシを投入。

しなッとしてきたらかえしを回し入れて完成。

かえしが無ければ砂糖醤油でオッケーです。

かえしについてはこちら → 色んな和食料理に使える便利な”かえし”を作ってみましょう。

ツクシを投入熱したフライパンにツクシを投入。
砂糖醤油で炒めるシナっとしたらかえし(砂糖醤油)を回し入れる。

完成

ツクシのきんぴらツクシのきんぴら、美味しそうにできました!

うーん、美味しい!!

頭がまだ緑色で、胞子が詰まっているやつが、絶妙な苦みを持っていて美味しいですね。

ひとこと

美味しいので、近くでツクシが捕れるかたは是非やってみましょう。

春の初めのころしか食べられません!!