英語の勉強

NHKラジオ英会話のディクテーション「英語のリズム:説明ルール①」L232 2019/3/19日

NHKラジオ英会話、3月19日はレッスン232「英語固有のリズム:説明ルール①

手を変え品を変え、説明ルールの勉強です。

今日のダイアログは、レストランの券売機で戸惑う外国人観光客と、それを助ける女性の会話。

”Is there anything I can do for you?”(私にできることが何かありますか?)

NHKラジオ英会話関連の記事を、こちらにまとめてあります。

ディクテーション

講師陣の英会話を聞き取ってみよう

講師とパートナーが英語で会話するところをディクテーションしたスクリプトです。

冒頭のやりとり 0:10-

Rosa: Hey guys. This is Rosa Akino. Ready for another great lesson?

Chris: Hum, hi everyone. Chris McVay here.

I’m sorry that I’m taking so long to think of an interesting opening. Let’s have a wonderful lesson today.

なぜかクリスのオープニングはかなりテンション低めで始まりました。

ダイヤログ紹介のあとで 2:20-

Onishi: So, do you really think up “anything” first, and “I can do for you” after that exactly as the word order?

Chris: Yeah, exactly. We say the words, or the words come out in the order that we think.

Rosa: That’s right. So, first we think “Is there anything …”, and from there we decide what comes after.

“Is there anything you need?”, “Is there anything I can help you with?”

There are so many patterns that can come after that. And that’s the word order.

今日のキーセンテンス、”Is there anything I can do for you?”に関する会話です。

まさにこの語順通り、頭の中で考えながらしゃべっていると。

まず、”Is there anything …”と来て、次に何がつながるかを決めるんですね。

ダイヤログ和訳のあとで 5:10-

Chris: Hey guys. You have two choices. You can check out the textbook or leave the textbook.

But we recommend you check it out because it’s full of information.

いつものテキストの宣伝です!

a pen to write withについて 13:10-

Onishi: So, “with” is important here, isn’t it?

Rosa: Very very very important. And let Chris explain why.

Chris: Well, you know, you have to imagine if you leave out “with”.

It becomes “a pen to write”, which means you are actually writing a pen.

“With” is important because it shows you what the pen is useful.

  • a pen to write with (書くためのペン → ペンを使って書く)
  • a pen to write (書く対象としてのペン → ペン自体を書くことに)

ということで、ここでのwithは大事な枠割を持っています。

最後に 14:20-

Chris: I’m sure everybody understands really well by now because we’ve repeated it so often, that word order is the key to producing natural English.

But just understanding in your head is not enough.

You have to find lots of lots of examples, repeat repeat repeat until it becomes part of you. Don’t you agree, Rosa?

Rosa: I agree whole wholeheartedly, so remember everyone “リズムおなーじ。”

wholeheartedly: 心から

自然な英語を話すためには、語順がキーです。これを頭で理解するだけではまだ不十分で、自分の一部になるくらい、ひたすら繰り返そう!

リズムおなーじは、フランス語っぽく聞こえますね。リズモナージュ、なんて単語がありそうな?!

英単語

英英辞典で単語を調べてみよう

WORDS & PHRASESにある単語で、割と基本的なもの(よく使いそうなもの)を選んで、オンラインのCollins Cobulild英英辞典で確認してみます。

Collins Dictionary

dish

[countable noun] Food that is prepared in a particular style or combination can be referred to as a dish.

あるスタイルや組み合わせで出された料理は

→(can以下)dishと表現できる。

raw

[adjective] Raw food is food that is eaten uncooked, that has not yet been cooked, or that has not been cooked enough.

Rawな食べ物とは

→(that以下)調理せずに食べる食べ物、まだ調理されていない食べ物、十分料理されていない食べ物、のことである。

Collins Dictionaryからの引用です。

最後に

今日のディクテーションもなかなかやりがいがありましたね。

説明ルールは、これまで何度か出てきましたが、手を変え品を変え、身の一部になるまで練習しましょう。