英語の勉強

NHKラジオ英会話のディクテーション「英語固有のリズム:説明ルール②」L233 2019/3/20日

NHKラジオ英会話、3月20日はレッスン233「英語固有のリズム②

ただ後ろに置くという説明ルール。これと関係代名詞で後ろから説明するのも同じリズムだ、という話です。

今日のダイアログは、バッグを奪われた女性と警官の会話。

”That’s the man who stole my bag!”(あの人が私のバッグを盗んだ男ですよ。)

NHKラジオ英会話関連の記事を、こちらにまとめてあります。

ディクテーション

講師陣の英会話を聞き取ってみよう

講師とパートナーが英語で会話するところをディクテーションしたスクリプトです。

冒頭のやりとり 0:10-

Rosa: Hey everyone. This is Rosa Akino. Chris, help me!

Chris: Why, what happened Rosa?

Rosa: I forgot what I was going to say.

Chris: Well, don’t worry because I forgot, too. Oh, by the way, my name is Chris McVay.

最初、何だ!?と思いましたが、今日のダイアログで”help me”が出てくるんですね。

ダイヤログ紹介のあとで 2:25-

Chris: Because it’s just the way English works.

We focus on, in this case, the man and then we explain what man, the man who stole my bag, it’s the normal order.

”That’s the man who stole my bag!”の語順についての会話ですが、聞き取りがなかなか難しい!!

… the man … what man… the man … と、超早口でmanの3連荘。一体どこで切ればいいのか?!

  • We focus on (in this case) the man
  • (and then) we explain what man
  • the man who stole my bag

つまり

  • (ここでは)その男にフォーカスしている
  • そしてその男が何者だかを説明する
  • 私のバッグを盗んだ男だと

こんな感じでしょうか。

ダイヤログ和訳のあとで 5:05-

Rosa: Hey guys, I know you are dying to learn to more, so I suggest you take a look at the textbook.

dying to ~: ~したくてたまらない

もっと深く勉強したいなら、テキストを見ましょう!

chefとcookについて 12:50-

Onishi: What’s the difference between cook and chef?

Rosa: Well, chef really emphasizes the actual career of being a chef at a restaurant, right?

Whereas cook can refer to anyone that cooks.

Chris: Hum, so chef, you know, automatically has much longer training and ah, is professional.

chefはレストランにいるプロの料理人、cookは料理をする人全般、という説明。

chefはもともとフランス語でリーダーのことで、調理人なら本来は調理長を指すようですね。あと、指揮者や駅長さんなんかもchefといいます。(クラウン仏和辞典から)

最後に 14:15-

Chris: So, catch the rhythm catch the rhythm catch the rhythm.

And you really feel good inside about your English. Because it will come out so fluently smoothly, naturally.

Rosa: That’s a very good point, Chris.

And you know, I’d just like to say the two of you are really the people who have inspired me the most.

catch the rhythmは、語順を会得して英語のリズムを身に着けよう、という感じでしょうか。

その域に達すると、英語がスラスラと!スムーズに!自然に!出てくるようになりますので頑張りましょう。

英単語

英英辞典で単語を調べてみよう

WORDS & PHRASESにある単語で、割と基本的なもの(よく使いそうなもの)を選んで、オンラインのCollins Cobulild英英辞典で確認してみます。

Collins Dictionary

ma’am

[countable noun] People sometimes say ma’am as a very formal and polite way of addressing a woman whose name they do not know or a woman of superior rank.

人は時にma’amと言う。とてもフォーマルかつ丁寧な、女性の表現方法として。

→(whose以下)その女性の名前を知らないし、もしくは女性がどのような属性かを知らない場合において。

今日のダイアログは、警官が見知らぬ女性に対して、丁寧に呼びかけた、ということですね。

calm down

[phrasal verb] If you calm down, or if someone calms you down, you become less angry, upset, or excited.

あなたがcalm downするならば、もしくは誰かがあなたをcalm downさせるならば、

→(you become以下)あなたの怒り、気持ちの動転、興奮が収まっていく。

Collins Dictionaryからの引用です。

最後に

今日のディクテーションは少なめでしたが、ところどころ難しかったです。

このブログで英英辞典の単語の説明を日本語に訳してますが、ここでも英語と日本語の語順の違いを実感します。

本当に、真逆なのが多いですヨ。