自分で料理

ザッツ赤身肉!オージービーフでローストビーフ【56℃ 120分】

低温調理で王道の「ローストビーフ」です。

今まで何度かやっていますが、今回はオーストラリア産オージービーフを買ってきました!

さてさて、おいしく仕上がるでしょうか。

低温調理器BONIQ(ボニーク)で王道のローストビーフ

スーパーの精肉売り場で「オージービーフ」を買ってきました。

今日はこれを低温調理でローストビーフにします。

↓これまでの低温調理のレシピはこちらをご覧ください。↓

低温調理の記事一覧(いろんな低温調理レシピがあるよ!)

この記事は「オージービーフで王道のローストビーフ⑤【56℃ 120分】」です。

ではいってみましょう!

材料
  • オージービーフもも肉ブロック 300-400g
  • 塩 肉の2.5%
  • 砂糖 塩の半分くらい
  • こしょう 適量(ミルでガリガリ)

下ごしらえ

味付けは塩こしょうで

塩の量は2.5%でやりました。いつもは2%なのですが、ちょい間違えてしまいました。

2%でも割としっかりと塩味が付きますので、味濃いめの仕上がりになるかも。

胡椒は、黒胡椒の粒ををミルでひくのがだんぜんのおススメです。

塩こしょうに隠し味っぽく砂糖も加え、肉に軽く刷り込みます。

下ごしらえ塩、砂糖、こしょうを刷り込みます。
真空パック

これを真空パックして冷蔵庫にしばらく置いて味をなじませます。ジップロックで水没させて空気を抜きながら封をする、でもOKです。

今回は1日くらい置いておきましたが、数時間でも問題ないでしょう。

わたしの使っている真空パック器についてはこちらを参照ください。
低温調理の食材パックにおすすめ【真空パック器】

真空パック真空パック器でパックします。

低温調理

パスタポットにぬるま湯(40度くらい)を入れ、低温調理器BONIQを56度120分にセットします。

「Sous Vide at Home」という本にある「BEEF TENDERLOIN WITH RED WINE SAUCE」というレシピでは、約450gの牛肉ブロックを54度120分で低温調理しています。

ただ、一度これをやってみて「結構攻めてるなぁ」と感じたので、少し温度高めの56度120分にしてみました。

BONIQについてはこちらを参照ください。
しっとり肉料理を作れる、低温調理器BONIQ(ボニーク)を買いました。

お湯に浸けます

温度が56度に達したらピーって音がしますので、冷蔵庫からパックした肉をとり出してそのままお湯に浸けます。

低温調理中低温調理中のようすです。

あとは待つだけ。途中、ひっくり返したりしてみました。

さて2時間(120分)経ちました。パックのまま水に浸けて粗熱をとります。

本当はここで氷水に浸けて一気に冷やすのが良いです。20~30℃付近とか雑菌類が繁殖しやすい温度帯は、できるだけ短時間で通過させて一気に0℃付近まで到達させましょう。

そのまま食べてもオッケーですが、今回は冷蔵庫に入れて翌日食べました。

盛り付けていただきます。

フライパンで表面を焼いても良いのですが、今回はそのままスライスしていただきました。

仕上がりちょうどいい仕上がり具合です。
おいしいですよ!

赤身肉がいい味出してておいしいです。

火の入り具合もちょうどいい感じじゃないでしょうか。

塩分が2.5%なのでちょっとしょっぱめです。ぜんぜん許容範囲ではありますが、なんと言うかご飯のおかずにちょうどいい感じです。

やっぱり1~2%くらいがちょうどいいかな。

ひとこと

久しぶりに低温調理やりました。

鶏ハムも豚チャーシューも久しくやってないので、また近々やって報告しますね。

私の使っている低温調理器です。

低温調理では衛生に気を使いましょう。食品にも直接噴射できるアルコールスプレーです。

私の使っている真空パック器”CCP BONABONA”です。