英語の勉強

NHKラジオ英会話のディクテーション「英語固有のリズム:同じことの繰り返し」L237 2019/3/26日

NHKラジオ英会話。

今日のダイアログは、展示会ブースで交わされるビジネス英語です。

”I’m responsible for all new products targeting international tourists visiting Japan.”(私は日本を訪れる外国人観光客を対象にしたあらゆる新製品を担当しています。)

NHKラジオ英会話関連の記事を、こちらにまとめてあります。

ディクテーション

講師陣の英会話を聞き取ってみよう

講師とパートナーが英語で会話するところをディクテーションしたスクリプトです。

冒頭のやりとり 0:20-

Rosa: Hi, I’m Rosa Akino. Hi, I’m Rosa Akino. 同じことを繰り返しました♡

Chris: Hi, everyone. Chris McVay here. As you can see from today’s openings, I’m responsible for controlling my two partners here.

I’m responsible ~は、今日のキーセンテンスと同じ表現です。

responsible: 責任がある。ということで、自分の職務や担当責任範囲などを説明する時に使いますね。

Collins Cobuildの辞書だと↓です。

”If you are responsible for something, it is your job or duty to deal with it and make decisions relating to it.”

ダイヤログ紹介のあとで 2:40-

Onishi: So, isn’t this word order strange?

Rosa: Not at all.

Chris: Absolutely not.

And that’s why we are insisting on the English word order, which is quite different from the Japanese.

You just got to get used to it, that’s all.

Rosa: You have to say, “I’m responsible” and everything that comes after that explains for what.

”I’m responsible for all new products targeting international tourists visiting Japan.”についての会話です。

日本語に訳すと、後ろから・後ろから・・・・どんどん修飾していくことになります。

つまり語順がまったく逆。

この英文の語順について、ネイティブスピーカーの感覚を聞いています。

ダイヤログ和訳のあとで 5:40-

Rosa: The textbook is responsible for all new English expressions, so check it out.

新しい英語表現を勉強するために、テキストをチェックしましょう。^^

終わりのやり取り 13:25-

Onishi: So, in this lesson we picked up a key sentence from a business context, but so-called Business English is no different from just ordinary English, right?

Chris: Exactly. And I remember I used to teach business people here in Japan.

And they were all convinced that Business English was super difficult and super special.

So, it took me ages to change their mind set, because that actually blocked their progress. And just to convince them that’s no.

It’s just like ordinary English but perhaps a lot of business vocabulary fill on in, that’s all.

Rosa: That’s right.

So, you just have to know that if you know the rules of regular English, the only difference is like Chris said a different vocabulary and a different level of formality, that’s it.

最後にヘビーなのキマシタ!ところどころ自信が無いで~す。

so-called: いわゆる
convinced: 確信している
take ages: 時間がかかる

ビジネス英語は特別だ!難しい!という意識を変えるのはタイヘン。

だけど、基本は普通の英語と一緒で、ビジネスっぽい単語や言い回しが使われているだけだ。というようなことを力説しています。

英単語

英英辞典で単語を調べてみよう

WORDS & PHRASESにある単語で、割と基本的なもの(よく使いそうなもの)を選んで、オンラインのCollins Cobulild英英辞典で確認してみます。

booth

[countable noun] A booth is a small area separated from a larger public area by screens or thin walls where, for example, people can make a phone call or vote in private.

boothは、スクリーンや薄い壁で、大きなパブリックエリアを仕切った、狭いエリア

→(for example以下)例えばそこで、電話をかけたり、非公開の投票を行ったりできる。

パブリックな広い場所があって、そこに仕切りを使って狭いけどプライベートな場所を作る、って感じのようです。

nametag

[noun] an identification tag or badge bearing a person’s name

人の名前が書かれた身分証明のタグ、もしくはバッジのこと。

Collins Dictionaryからの引用です。

最後に

ディクテーション個所は少なかったですが、最後に結構ヘビーなのが来ました!

ビジネス英語だからって構えなくてもいい、ということで頑張って勉強しましょう。