英語の勉強

NHKラジオ英会話のディクテーション「withのイメージ:時間的つながり」L32 2019/5/21日

NHKラジオ英会話。2019年度の第7週目です。

今日のダイアログは、フランス料理店での男女の会話です。

”Red wine improves with age.”(赤ワインは年とともにおいしくなります。)

そして今日の話題も引きつづき”with”ですね。

NHKラジオ英会話関連の記事を、こちらにまとめてあります。

ディクテーション

講師陣の英会話を聞き取ってみよう

講師とパートナーが英語で会話するところをディクテーションしたスクリプトです。このディクテーション、なかなかいい訓練になりますよ。

今日の大西節

英語ってねぇ、話すときにはさぁ、そこまでその文法的に正確じゃなかったら相手には伝わらないかって言うと、そんなことはないんですよね。

だけど!

黙っていたら100%通じないからね。声に出して表現するのが大切です!

Express yourself in English!の冒頭のセリフを持ってきました。

冒頭のやりとり 0:10-

Rosa: Hey everyone.

This is Rosa Akino. You know, ラジオ英会話 just improves with time, don’t you think so, Chris?

Chris: Chris McVay here.

Rosa, you’ve stolen my opening again. That’s what I wanted to say this program surely improves with age, never mind.

Let’s just get started.

”improve with age”を今日は覚えましょう。

ダイヤログ和訳のあとで 3:35-

Rosa: Hey everyone. Have you checked out the textbook? If not, I suggest you do so.

“with the flu”について 9:00-

Onishi: So, could you explain the nuance of this “with” here?

Chris: Yeah, for me, you know, it’s no different, it keeps the basic image of togetherness.

So, Ken is in bed and the flu also is there right next to him. And therefore we infer a kind of cause of effect here.

Rosa: That’s right. It’s like he is holding hands with the flu, right?

infer: ほのめかす

インフルエンザ(flu)と一緒にいるような、そんなイメージです。

”get easier”について 11:35-

Onishi: So, ”get” with comparative is a frequent combination, isn’t it?

Chris: Absolutely. For example, eh, “It’s getting warmer these days”.

Rosa: Or “These leather shoes will get softer with wear”.

get + 比較級で、いろいろな表現があります。

おわりに 13:50-

Onishi: Hey Rosa, can I have a word with you?

Rosa: Oh, sure.

Chris: Hum, I bet he really wants to have words with you, Rosa.

Rosa: What? I didn’t do anything wrong.

Chris: Well, we’ll see.

have a word with ~: 話がある

have words with ~: 口論する

おー、これはえらい違いですな・・・。

英単語

英英辞典で単語を調べてみよう

レッスンに出てきた単語で、割と基本的なもの(よく使いそうなもの)を選んで、オンラインのCollins Cobulild英英辞典で確認してみます。

some

[determiner] You use some to refer to a quantity of something or to a number of people or things, when you are not stating the quantity or number precisely.

[限定詞] あなたは何かの量や、何かもしくは人々の数を表すために、someを使います。

→(when以下) あなたがその量や数を、はっきり(正確に)表現しないときに。

Collins Dictionaryからの引用です。

someはぼんやりした表現だ」っていう説明がありましたね。そのニュアンスが出ています。

ひとこと

今日のディクテーションは、こんな内容でした。

  • 冒頭のやりとり
  • ダイヤログ和訳のあとで
  • “with the flu”について
  • ”get easier”について
  • おわりに

付帯状況のwithが「同時に起こっていること」というのは、分かりやすい説明でした。

この機会にしっかりマスターしておきましょう。