英語の勉強

しっとりやわらかい!豚ヒレ肉を低温調理でハム風に【60℃ 90分】

久々に豚ヒレ肉を低温調理しました。

ヒレ肉は脂分が少ないので、しっとり仕上がる低温調理が向いてますね。

低温調理器BONIQ(ボニーク)で豚ヒレ肉を低温調理

以前、豚ヒレ肉を低温調理したらとてもおいしかったという記事を書いたのですが、それいらいやらないでいました。

今回は久々にやったので報告です。

↓これまでの低温調理のレシピはこちらをご覧ください。↓

低温調理の記事一覧(いろんな低温調理レシピがあるよ!)

この記事は「豚ヒレ肉で作る低温調理ハム【60℃ 90分】」です。

ではいってみましょう!

材料
  • オージービーフもも肉ブロック 200g(今回は小さめ)
  • 塩 肉の2%
  • こしょう 適量(ミルでガリガリ)

下ごしらえ

味付けは塩こしょうで

塩の量は2%でやります。今回だと肉の重さ200gに対して2%の4gですね。このくらいで割としっかりと塩味が付きます

こしょうは、黒胡椒の粒ををミルでひくのがだんぜんのおススメです。

塩こしょうを肉に軽く刷り込みます。

下ごしらえ肉に塩とこしょうをまぶします。
真空パック

これを真空パックして冷蔵庫にしばらく置いて味をなじませます。ジップロックで水没させて空気を抜きながら封をする、でもOKです。

今回は一晩くらい置いておきましたが、数時間でも問題ないでしょう。

わたしの使っている真空パック器についてはこちらを参照ください。
低温調理の食材パックにおすすめ【真空パック器】

真空パック下ごしらえをした肉を真空パックします。

低温調理

パスタポットにぬるま湯(40度くらい)を入れ、低温調理器BONIQを60度90分にセットします。

前回は60度120分でした。

今回のレシピでもともと参考にしている、低温調理器AnovaのレシピサイトにあるSous Vide Pork Tenderloinだと、ミディアムの仕上がりは「60度、1~4時間」とあります。

今回は肉も小さめだし、少し短めの60度90分にしました。

BONIQについてはこちらを参照ください。
しっとり肉料理を作れる、低温調理器BONIQ(ボニーク)を買いました。

お湯に浸けます

温度が60度に達したらピーって音がしますので、冷蔵庫からパックした肉をとり出してそのままお湯に浸けます。

低温調理中低温調理中のようすです。(写真撮り忘れたので、類似写真で代用です・・・。)

あとは待つだけ。途中、ひっくり返したりしてみました。

さて90分経ちました。

時間になると「ピー」って鳴りますから、容器からパック袋を取り出します。

表面を焼きます

肉をパック袋から取り出してフライパンで表面をあぶります。軽く焦げ目が付くくらいでいいでしょう。

表面を焼きます表面を焼いて、軽く焦げ目をつけます。

盛り付けていただきます。

厚めにスライスしていただきましょう。

スライス厚めにスライスします。
盛り付けきれいに並べていただきましょう。
おいしいですよ!

やわらかくしっとりと仕上がっていて、とてもおいしいです。

しかし!ちょっと肉の脂分が少なすぎるというか、もうちょっとジューシーでも良いかなって思いました。

って言っても、これで十分おいしいですけどね!

ひとこと

低温調理豚ヒレ肉、やはりうまかったです。是非一度お試しください!

私の使っている低温調理器です。

低温調理では衛生に気を使いましょう。食品にも直接噴射できるアルコールスプレーです。

私の使っている真空パック器”CCP BONABONA”です。