自分で料理

簡単・おいしい!自家製らっきょうの漬け方【2019年の作業記録】

2019年の自家製らっきょうを漬けた記録です。

らっきょう好きはぜひ自分で漬けてみましょう。

ちょっと面倒くさいですけどね。^^

らっきょうを自分で漬けてみよう

まずはらっきょうの漬け方を復習しておきましょう。^^

去年のらっきょう漬けの記事

できるだけ簡単においしいらっきょうを漬けたい

↑らっきょうを漬ける方法がいくつかあって、「泥付きらっきょう」と「らっきょう酢」を買ってきて漬けるのが一番良いだろう、ということを書いた記事。

簡単・おいしい!自家製らっきょうを漬けてみる。

↑2018年にらっきょうを漬けたときの記事。わりと細かく漬け方を解説したつもり。

では、らっきょう漬け作業2019年版です。

準備

必要なもの
  • 泥付きらっきょう
  • らっきょう酢
  • とうがらし数本

あと、保存用の広口びんと、熱湯消毒用の大きな鍋が必要。

さて、らっきょう2kg、らっきょう酢1㎏用を2本を買ってきました。

泥付きらっきょう2㎏とらっきょう酢泥付きらっきょう2㎏とらっきょう酢です。

漬ける手順

ではがんばってやってみましょう。

らっきょうを洗う

大き目のボウルか鍋に水を溜め、らっきょうを入れてこすり合わせるように洗います。

表面の泥を落とすのと、ヨレヨレになっている薄皮をはがすのが目的です。

だいたいきれいになったら、大き目のざるに上げます。

お湯を沸かす

後でらっきょうを殺菌するためにお湯に浸けるので、このへんで沸かしておきます。

パスタポットのような大きな鍋で沸かしましょう。お湯の量は、らっきょう全体が浸るくらいです。

頭とお尻を切り落とす

ここがイチバン面倒くさいところです。

まず根(お尻)の方を切り落とします。あまり本体を捨ててしまわないように、根+本体1㎜くらい。

次に葉(頭)の方を切り落とします。根に向かっていくにつれて太くなり始めているあたりで。

この時、表面がヨレヨレになっている薄皮だったらはがしましょう。

あんまり難しく考えずにどんどんやっていきましょう。たくさんありますから・・・。

何度か洗う

何度か洗ってきれいにしましょう。

一握り掴んでこすり合わせるようにすれば、薄皮がはがれてきれいになっていきます。

何度か洗う何度か洗ってきれいにしましょう。この写真だとまだまだですね。
切り落とした残骸切り落とした残骸です。

殺菌する(10秒お湯に浸ける)

沸かしたお湯にらっきょうを入れ、10秒浸けてからざるに戻しましょう。

入れる時と、ざるに戻すときに、やけどしないように注意してください!

広口びんに入れる

粗熱が取れたら広口びんに入れます。

手をきれいに洗っておきましょうね。こういう場合、私は使い捨てのポリグローブを使います。

ここでとうがらし数本を入れると殺菌効果があって良いそうです。

でも入れすぎると、らっきょうが辛くなりますのでお子さんが居る場合はご注意を。

使い捨てのポリグローブ使い捨てのポリグローブです。保存食作りなど、手の雑菌をつけたくないときに活躍。

らっきょう酢を注ぐ

買ってきたらっきょう酢を注ぎます。

漬けてから数日は、1日に1回上下を入れ替える感じで混ぜましょう。(数日間やれば大丈夫らしいです。)

らっきょう2㎏らっきょう2㎏、がんばって漬けました。

その後は放置

1~2週間したら食べられるようになりますが、1か月以上の方が味がなじんでおいしいです。

1年くらいたつと、歯ごたえがなくなってふにゃっとしてくることがあります。全然大丈夫なこともあるので、何が違うのかイマイチよく分かりません。

とりあえず、1年くらいで食べきるのが良さそうです。

ひとこと

去年漬けた2㎏のらっきょうは、まだ少し余っていますので、我が家では2kgが1年分としてちょうど良さそうです。

なので、今年もがんばって2kg漬けました。

毎度のことですが、終わった後はらっきょうの香りが部屋全体に漂います・・・。