自分で料理

今年こそは梅しごと!まずは梅酒を作ろう

6月になれば梅がスーパーの店頭に並び始め、梅仕事シーズンの到来です。

まずは、青梅で梅酒を作りましょう。簡単です。

2019年梅酒づくりの記録 ①

庭の梅の木から梅をもいで、それを梅酒にしました。(5月25日)

梅がとれまくり梅がとれまくりです。ちょっとした木登りですが、けがをしないように。

梅酒の作り方

作り方はそんなに難しくなくて、買ってきた梅酒用のお酒の箱書きのとおりにやります。

材料
  • 青梅 1㎏
  • 氷砂糖 400g
  • 梅酒用のお酒 1.8リットル

今回は青梅2㎏と2種類のお酒を使って、2種類の梅酒を作りました。

さて、ホワイトタカラの方は、箱書きに氷砂糖200~400gとあります。

一方のブランデーベースリキュールの方は、箱書きに氷砂糖400g~600gとあります。

うーん、結構違うのね・・・・。と思いつつ、両方400gで統一します。

手順

ざっと以下のような感じです。

  1. 梅を洗う
  2. 1つずつ竹串を使ってヘタを取る
  3. キッチンペーパーで綺麗に拭く
  4. 保存びんに梅を入れる
  5. 保存びんに氷砂糖を入れる
  6. 保存びんにお酒を注ぐ
  7. 数か月以上待つ

ヘタ取りが面倒くさい

この中でとにかく面倒くさいのは「ヘタ取り」ですね。

竹串を使って1個ずつヘタを取っていきます。つまようじはすぐヘタって?!しまうので、竹串の方がいいですね。

ヘタ取り前ヘタを取る前
ヘタ取り後ヘタを取った後

作業が終わったら

作業後砂糖が溶けるまで、数日に1回くらい振ってみましょう。

作業が終わったら、あとは静かな場所においておきましょう。

砂糖が溶けてきますが、糖分が底の方に溜まってしまうので、数日に1回ふりふりして軽く混ぜます。

数か月から飲めますが、1年くらい置いておいた方が美味しいらしいです。

まぁ、例年1年以内になくなってしまうので、1年以上の場合の味の違いを知らないです。

写真の右端にあるのは、同じ日に作業をしたらっきょう漬けです。

簡単・おいしい!自家製らっきょうの漬け方【2019年の作業記録】

2019年梅酒づくりの記録 ②

さて、梅酒はこの2本で終了と思っていたら、なんと!和歌山のなかまつ農園さんから梅酒用の梅2kgが届きました。

どうやら「梅干しの完熟梅」を注文した時に「梅酒用の青梅」もついでに注文していたらしい・・・。

いやいや、すっかり忘れていました。

梅干しをつくるなら「南高梅」を注文しておきましょう

ということで、この2㎏も梅酒にしてしまいます。(6月10日)

なかまつ農園の南高梅和歌山のなかまつ農園から届いた南高梅です。デカい、キレイ、そろっている・・・・。さすがです。
水洗い水をはった直後のようす。産毛に空気の層ができて、ゼリーの衣をまとっているかのよう。
作業完了です。青梅2㎏、氷砂糖800g、ホワイトリカー2升(3.6リットル)です。

おわりに

う~ん、梅酒だらけになってしまいました。

次は梅干しですね。