自分で料理

鶏のむね肉を低温調理でしっとり仕上げ、サラダのトッピングに【60℃ 60分】

鶏のむね肉を低温調理して、そのままサラダのトッピングに。

塩こしょうが効いた味と、しっとりとした仕上がりが、サラダと相性抜群です。

低温調理器BONIQ(ボニーク)で鶏むね肉もしっとり

低温調理で鶏肉と言えば、鶏ハムが一番です。

今回は、作り方は鶏ハムと一緒なのですが、完成後に細かく切ってからサラダのトッピングにしました。

鶏むね肉鶏むね肉を使って低温調理をやります。

↓これまでの低温調理のレシピはこちらをご覧ください。↓

低温調理の記事一覧(いろんな低温調理レシピがあるよ!)

この記事は「サラダのトッピングに鶏むね肉【60℃ 60分】」です。

ではさっそくいってみましょう!

材料
  • 鶏むね肉 1枚(今回は270g)
  • 塩 肉の2%
  • こしょう 適量(ミルでガリガリ)

下ごしらえ

味付けは塩こしょうで

塩の量は肉の重さの2%にします。これで割としっかりと塩味が付く仕上がりです。

もう少し少なめにしてもオッケーです。1~2%でお好みの味を探しましょう。

こしょうは、黒こしょうの粒ををミルでガリガリと挽くのがだんぜんのおススメですね。

下ごしらえ塩こしょうで下味をつけます。塩は2%でしっかりと味を付けた方がおいしい。
真空パック

これを真空パックして、冷蔵庫にしばらく置いて味をなじませます。

ジップロックで水没させて空気を抜きながら封をする、でもOKです。

今回は時間に余裕が無くて30分ほど冷蔵庫でなじませましたが、1時間以上はなじませた方が良いかな。

わたしの使っている真空パック器についてはこちらを参照ください。
低温調理の食材パックにおすすめ【真空パック器】

低温調理

パスタポットにぬるま湯(40度くらい)を入れ、低温調理器BONIQを60度60分にセットします。

低温調理器BONIQについてはこちらを参照ください。
しっとり肉料理を作れる、低温調理器BONIQ(ボニーク)を買いました。

お湯に浸けます

温度が60度に達したらピーって音がしますので、冷蔵庫からパックした肉をとり出してそのままお湯に浸けます。

低温調理中低温調理中のようす。BONIQにファンが付いていて、お湯がかくはんされています。(写真では分かりにくい。)

低温調理中は、お湯の温度が設定された温度になるように、自動的に調整されます。

また、BONIQにはファンが付いていて、お湯をかくはんするようになっています。

これで、お湯全体がムラなく設定温度(今回は60℃)を保つようになってるんですね。

あとは基本的に待つだけです。途中、肉の向きを変えたりしてもよろしいでしょう。

時間が来るとピーって音がするので、肉を取り出します。

パックのまま水道水に漬けて粗熱をとって料理に使います。

冷蔵庫で保存するなら、細菌が増えやすい温度帯を一気に通過させるために、氷水で一気に冷やしてから冷蔵庫に入れましょう。

盛り付けていただきます

じゃじゃん。

盛り付け低温調理の鶏むね肉をトッピングしたサラダです!
おいしいですよ!

キャベツの千切りの上に、トマトを載せて、さらに調理調理した鶏むね肉をトッピングです。

鶏むね肉は、少し細かめに切ると、キャベツの千切りと似た感じで相性が良いかな。

しっかりと塩味が付いているのと、むね肉なのにパサパサ感が無くしっとりと仕上がっているのが良いです。

ひとこと

鶏のむね肉やささみ肉と低温調理は相性が良いですね。

低温調理器だと、温度のコントロールが自動で完璧なので、失敗することなくしっとりと仕上げることができます。

私の使っている低温調理器です。

低温調理では衛生に気を使いましょう。食品にも直接噴射できるアルコールスプレーです。

私の使っている真空パック器”CCP BONABONA”です。