自分で料理

【スパイスカレー】そんなに難しくない!スパイスから作るキーマカレー

最近スパイスで作るカレーの本がいろいろと書店に並んでます。

私も数年前に「はじめてのスパイスカレー」という本を買って、ときどきスパイスカレーにチャレンジ中。

今日はキーマカレーを作ってみましょう。

スパイスから作るキーマカレー

「もっとおいしい!はじめてのスパイスカレー」に載っている、チキンキーマカレーを参考にしながらやってみます。

材料

参考にしたのは「チキンキーマカレー」ですが、使ったのは牛豚のひき肉です。

材料(5人分)

(下ごしらえ)

  • 玉ねぎ 1個
  • にんじん 1/3本
  • ニンニク 2かけ
  • ショウガ 2かけ
  • トマト 1個

(スパイスA:ホール)

  • クミンシード 小さじ1/2
  • カルダモンシード 3つぶ
  • クローブシード 3つぶ

(スパイスB:パウダー)

  • ターメリック 小さじ1/2
  • カイエンペッパー 小さじ1/4
  • クミン 小さじ2
  • コリアンダー 小さじ1

(調理)

  • 豚ひき肉 500g油 大さじ3
  • コーン 1/3缶くらい(200g缶)
  • 塩 小さじ1
  • コンソメ 1個
  • 水 100㏄

下ごしらえ

材料を切って準備、というのをとにかく最初に全部やっておきましょう。

玉ねぎ、にんじん、ニンニク、ショウガをみじん切りにします。

みじん切り玉ねぎ、にんじん、ニンニク、ショウガをみじん切りに

トマトの皮を湯むきして、ざく切りにします。

湯むきはちょっと面倒ですが、良い代用方法があります。

トマトのヘタ側にフォークを刺して、ガスコンロであぶって水道水で急冷して、皮をむくのです。

こっちの方が手軽で簡単です。

トマトトマトの皮をむいて、適当にざく切りします

調理開始

フライパンにスパイスAと油を入れ、弱火で熱して香りを出します。

色づいて香りが出てきたら、カルダモンとクローブを取り出します。

取り出さないで食べるときに取り除く、でも良いです。

ただ、子供が居る場合はここで取り出しておいた方が良いですね。

ホールスパイススパイスAを弱火で熱し、香りを出します

ニンニクとショウガのみじん切りを入れ、弱火のまま香りが出るまで炒めます。

次に、玉ねぎとにんじんを加えて中火で炒めます。

玉ねぎがキツネ色になったら、ざく切りにしたトマトとコーンを入れてさらに炒めます。

炒めるトマトとコーンを入れて炒めているところ

水分がほぼ飛んだら、弱火にしてスパイスB、塩、コンソメを入れて混ぜます。

スパイスを入れるスパイスBを入れて混ぜたところ

ここで水を加えて中火で煮立て、煮立ったら豚ひき肉を加えます。

そのまま中火で10分くらい煮たら終了。

煮立て中中火で煮立てます。フライパンから鍋に移し替えています

盛り付けていただきます

さて、盛り付けていただきましょう。

盛り付け盛り付け。うーん、写真写りがイマイチ・・・・

うん、既成のルーで作るカレーよりも、かなり味がシンプルな感じです。

でも、味が足りないということもなく、十分おいしい。

ひとこと

スパイスカレーは、やってみるとそんなに難しくないので、ぜひ一度チャレンジしてみてください。

スパイスカレー用のスパイスですが、買うのは「大津屋」さんから一択ではないでしょうか。

ここを知ってからというもの、近所のスーパーや食材の専門店とかでは全く買わなくなってしまいました。

とにかく安いんですよね・・・・。

で、とりあえず以下をそろえれば、スパイスカレーは作れます!

まずはパウダーです。


コリアンダーパウダー【100g】


クミンパウダー【100g】


ターメリックパウダー(秋うこん)【100g】


カイエンペッパー・唐辛子粉末【100g】

粒のホールもお忘れなく。


クミンシード【原形】【100g】


カルダモンホール【原形】【40g】


クローブホール【原形】【50g】

あると便利なガラムマサラ。


ガラムマサラ【100g】

本格度が上がるバスティマライス


パキスタン産バスマティライス【1kg】

いろんな料理に使える粒こしょう


ブラックペッパーホール【原形】【100g】