自分で料理

ちまたで話題?!のビリヤニに挑戦。かなり本格的にやってみた!

ビリヤニというカレー風の炊き込みご飯です。

これまで簡易版のレシピで何回か作ってみましたが、なかなかおいしくて家族にも好評。

今回は、バティマスライスをいったん茹でて、次にチキンカレーのベースと一緒に蒸す、というわりと本格的なやり方で挑戦です。

より本格的なレシピで ビリヤニ を作ってみる

これまでに作った「ビリヤニ風」の記事です。

3回目 ちまたで話題?!のビリヤニに挑戦。カレー粉のみの「より簡単風」で!

2回目 ちまたで話題?!のビリヤニに挑戦。ちょっと本格的にやってみた!

1回目 ちまたで話題?!のビリヤニに挑戦。まず最初は「ビリヤニ風」で!

さて、今回は海外のレシピ動画を参考にしてやってみます。

↓何言ってるか全然分からないけど、やってることは分かるレシピ動画。

動画のレシピはだいたいこんな感じです。

  • バティマスライスを洗って1時間水に漬ける
  • 玉ねぎスライスを多めの油でいためて茶色にする
  • ニンニクとショウガのすりおろしジュースを入れる
  • 炒めながら、塩 → 鶏肉 → 粉末スパイス → トマト → 青唐辛子とパクチー → ヨーグルトを入れる
  • ふたをして弱火で15分
  • レモンジュースを振りかける
  • 鍋に水を入れて、ホールスパイス、レモンジュース、塩を入れて沸かす
  • 沸騰したら米を入れて、指でつぶれるくらいまで茹でる
  • チキンの上に水を切った米を敷いて、溶かしたバターとサフランをかけて、ふたをして25分蒸す

これを参考にしてやってみましょう。

もうビリヤニ「風」なんて言わせません!

材料

材料(5人分)

(下ごしらえ)

  • 鶏もも肉 2枚(今回は 600g)
  • とまと 1個
  • 塩A 肉の2%(今回は 12g)
  • こしょう 適量(ミルでガリガリ)
  • 玉ねぎ 1個
  • ニンニク 1かけ
  • ショウガ 1かけ

(米)

  • バスマティライス 500g

(スパイスA、ホール)

  • クミンシード 大さじ1
  • クローブ 5粒
  • カルダモン 5粒
  • シナモン 1かけら

無ければ省略してもきっと大丈夫。

(スパイスB、パウダー)

  • コリアンダー 大さじ1
  • クミン 小さじ1
  • ターメリック 小さじ1
  • ガラムマサラ 小さじ1

無ければカレー粉大さじ1と1/2くらいで代用してもきっと大丈夫。

(調理)

  • サラダ油 大さじ4
  • 塩B 小さじ1
  • バター 20g
  • 水 100㏄

いろんなスパイスが無い場合でも、

  • スパイスAは無し
  • スパイスBはまとめて「カレー粉」を大さじ1と1/2で代用

でもきっと大丈夫、それなりにできると思います。

子供がいるので、赤唐辛子やチリペッパーは入れずにやりました。

スパイススパイスBと塩Bをあらかじめ混ぜておくのがいいです

下ごしらえ

バスマティライスを数回洗ってスパイスAといっしょに鍋に入れ、米の量の3倍くらいの水をはって、1時間浸けておきます。

バティマスライスバティマスライスを洗って、ホールスパイスと一緒に水に浸ける

鶏もも肉に塩こしょうをしておきます。このまま30分ほどおいて味をなじませましょう。

調理を始める前に、一口大に切っておきます。

鶏もも肉鶏もも肉に塩こしょうをして、味をなじませます

玉ねぎは薄切りにします。

ニンニクとショウガはすりおろしてコップに入れ、これに少量の水を加えてジュース状にしておきます。

とまとは湯むきして1㎝角くらいに切っておきます。

湯むきの代わりに、ヘタ部分にフォークを刺してガスレンジの中火で全体をあぶり、水道水で急冷して皮をむく方法もあります。

トマトの皮むき表面を全体的に軽くあぶって、水道水で冷やすと、皮がかんたんにむけます

調理開始

チキンカレーのベース

フライパンで油を熱し、玉ねぎを入れ中火で炒めていきます。

玉ねぎを炒める中火で玉ねぎを炒めます
玉ねぎを炒める玉ねぎが色づきます

玉ねぎが色づいてきたら、ニンニクとショウガのジュースを加えます。

その後しばらく炒めて水分を飛ばします。

ニンニクとショウガを加えるニンニクとショウガのすりおろしジュースを加え、炒めて水分を飛ばします

ある程度水分が飛んだら、下ごしらえして一口大に切った鶏もも肉を入れて、軽く火が通るくらいまで炒めます。

鶏もも肉鶏もも肉を加えて炒めます

弱火にしてスパイスBと塩Bを入れてよく混ぜ、中火に戻して1㎝角くらいに切ったトマトを入れて数分炒めます。

水100ccを加えて数分炒め、大きめの鍋に移してふたをして弱火で15分間、蒸し煮にします。

カレーベースチキンカレーのベース、水100㏄を加えたところ

バティマスライスを茹でる

スパイスと一緒に水に浸けているバティマスライスをそのまま茹でます。

沸騰してから5分くらい茹で、ざるで水切りをします。

大きな鍋に移したチキンカレーベースの上に、茹でたバティマスライスを敷き、その上にバターを載せましょう。

バティマスライスを敷いたチキンカレーのベースにバティマスライスを敷いたところ

蒸す

弱めの中火にかけて、カレーが沸騰して蒸気が出始めたら弱火にして25分蒸します。

ここで火が強いと焦げます。(焦がしてしまいました。。。)

25分経ったらふたをしたまま10分蒸らします。

蒸しあがり蒸しあがったところ

盛り付けていただきます

蒸らしが終わったら上下を軽く混ぜ合わせ、盛り付けていただきます。

盛り付け上(ライス)と下(チキンカレー)を軽く混ぜ合わせてから盛り付けます。ちょっと焦げました

うん、これもおいしいですよ。

炊飯器でやった場合との比較ですが、

  • 蒸した方(今回)が、ライスがふっくらしていて、食感が良い。
  • 炊飯器の方は、チキンのうまみがよりごはんにしみ込んでいる。

ように感じました。

今回も、家族5人で食べつくしてしまいました・・・。

ひとこと

オリジナルのレシピから省略したところもありますが、結構本格的なビリヤニでした。

今回の本格バージョンも、炊飯器バージョンも、どちらもとてもおいしい!!

次回は、またちょっと違うバリエーションを考えて、やってみます。

スパイスカレー用のスパイスですが、買うのは「大津屋」さんから一択ではないでしょうか。

ここを知ってから、近所のスーパーや食材の専門店とかで買えなくなってしまいました。

とにかく安いんですよね・・・・。

で、とりあえず以下をそろえれば、スパイスカレーは作れます!


コリアンダーパウダー【100g】


クミンパウダー【100g】


ターメリックパウダー(秋うこん)【100g】


カイエンペッパー・唐辛子粉末【100g】

粉じゃなくて、粒のホールスパイスもお忘れなく。


クミンシード【原形】【100g】


カルダモンホール【原形】【40g】


クローブホール【原形】【50g】

ガラムマサラは、あれば便利という感じ。


ガラムマサラ【100g】

もう少し本気でやりたい場合は「バスティマライス」を使ってみよう。


パキスタン産バスマティライス【1kg】

粒こしょうもたくさん買っておけば、かなり割安になりますね。


ブラックペッパーホール【原形】【100g】