低温調理

低温調理で王道のローストビーフ |アンガスビーフで【56℃ 120分】

低温調理器 BONIQ を使ったローストビーフです。

家計にやさしい、オージー・アンガスビーフを使うとどうなのでしょうか?

・・・赤身がしっとりとジューシーに仕上がりました!

低温調理器 BONIQ で王道のローストビーフ

オーストラリア産のアンガス黒牛もも肉を使って、低温調理のローストビーフを作ります。

牛もも肉ブロックオーストラリア産の牛ももブロック肉を、買ってきました

今回は、塩こしょうで下味をつけつつ、数時間ほど脱水をしてから低温調理をやりました。

  • 豚のロースハムを作ったときに、脱水してから低温調理したほうが(少しだけど)おいしく感じた
  • ドリップ(肉から出る汁)を取り除くことができて、衛生的な感じがする

この辺りが理由です。

低温調理前に脱水する?しない?|ロースハムで作り方を比較【60℃ 150分】低温調理器 BONIQ を使った、豚肩ロースのロースハムです。 今回は、低温調理前に肉を脱水する場合としない場合でどんな違いがある...

低温調理のレシピ集

低温調理でどんな料理が作れるの? ― これまでの低温調理のレシピ集はこちらです。

低温調理のレシピまとめ|新しい調理法で簡単に高級レストランの味!自分でやってみた低温調理のレシピ集 低温調理器 BONIQ を買ってから、いろいろな低温調理に挑戦中。 作ったものはほぼ全てブロ...

低温調理に必要な道具

低温調理にはどんな道具が必要なの? ― 必要な道具についてのまとめはこちらです。

https://tamago.site/archives/6971

調理開始

ではいってみましょう!

まずは材料です。

材料

低温調理のローストビーフ
  • 牛ももブロック肉 300~400g
  • 塩 肉の1%
  • こしょう 適量(ミルでガリガリ)

下ごしらえ

味付け

肉全体に、塩こしょうを振って軽くすり込みます

塩の量は、肉の重さの1~2%がいいですが、わたしはいつも多めの2%です。

これくらいしっかりと塩味つけた方がおいしい!と思うのですが、この辺は好みなので1~2%あたりで調整してみてください。

こしょうは、黒こしょうの粒ををミルで挽くのがだんぜんのおススメです。

下ごしらえ塩こしょうで下味をつけます

脱水

今回はハーブ塩こしょうをまぶしたあと、キッチンペーパーを使って肉の水分を抜く工程を入れました。

キッチンペーパー3枚くらいで肉を包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫に置きます。

半日~1日経つとキッチンペーパーがかなり水分を吸ってるので、この肉をパックして低温調理します。

脱水後のもも肉8時間ほどキッチンペーパーで脱水。ドリップを吸っています

この脱水は省略してもオッケーです。

省略する場合は、塩こしょうをまぶしてからすぐに真空パックし、冷蔵庫に置いておきます。

真空パック

脱水が終わった肉を、真空パック器でパックします

真空パック器が無い場合は、肉をジップロックに入れたまま口を上にして水没させ(中に水が入らないようにしましょう)空気を抜く方法もあります。

ただ実際は、空気を抜き切るのがちょっと難しいですね。

オリーブオイルを注いでやるなど、液体を少し入れると空気を抜きやすくなります。

いろいろ試してみるのもいいですね。

真空パック真空パック器でパックします

低温調理

準備

パスタポットにぬるま湯(40度くらい)を入れ、低温調理器 BONIQ を 56度120分にセットします。

【低温調理器】ミディアムレアのお肉が作れる BONIQ

温度が 56度に達したらピーピーって音がしますので、パックした肉をお湯に浸けます。

低温調理低温調理中のようす

途中でひっくり返したりすればいいのですが、基本的に待つだけなのでその間に別のことをやりましょう。

120分(2時間)経ったらまたピーピーって音がしますので、パックごと取り出します。

ここからいくつか方法があります。

  • フライパンやオーブンで表面を焼いて食べる
  • 粗熱をとってスライスして食べる
  • 粗熱をとって冷蔵庫に置き、後日食べる

今回は、粗熱をとってからスライスしました。

低温調理後に粗熱をとる場合は、ポットのお湯を捨てて水道水(できれば氷を入れて、より冷たくする)をはり、そこに肉をパックのまま入れておきます。

盛り付け

粗熱をとってから盛り付けます。

じゃじゃん。

スライススライスしたところ。なかなかの出来栄えです

どどん。

盛り付け盛り付けました。とてもおいしそうに仕上がっています

おいしい!

低温調理でしっとりと仕上がった赤身肉が、いい味出してます。

柔らかさも塩加減も、申し分ありません!

今回は、低温調理後にフライパンで焼いたりする工程を省きましたが、全然問題ないですね。

なお、脱水した効果はする・しないの2種類を作って比較してみないと正直よく分からないです・・・。

ひとこと

低温調理のローストビーフでした。

  • 味付けは、塩こしょう
  • 低温調理時間は、56℃ 120分
  • 低温調理後は、粗熱をとってそのままスライス

こんな感じでした。

低温調理は、下ごしらえと低温調理の時間がかかりますが、長いのは待ってる時間で手間はそんなにかかりません

興味を持ちましたら、ぜひ一度チャレンジしてみてください。

では今日はおしまい!

低温調理やってみる?!
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です