英語の勉強

NHKラジオ英会話のディクテーション「聞く②:listen」L102 2019/9/3

NHKラジオ英会話の Lesson 102 です。(年間 240 lesson あります。)

今日のキーセンテンス

Listen to me. This is a bad idea.

聞いてください。それは悪い考えです。(良い考えではありません)

NHKラジオ英会話関連の記事を、こちらにまとめてあります。

ディクテーション

講師陣の英会話を聞き取ってみよう

講師とパートナーが英語で会話するところをディクテーションしたスクリプトです。このディクテーション、聞き取りのいい訓練になります。

冒頭のやりとり 0:05-

Onishi: (前略) 講師のハクション大魔王です。いや、講師の大西泰斗です。

Roza: Hey everyone. This is Roza Akino. Let’s have another great lesson.

Chris: Hey Roza, I think we should make a doll of Onishi-sensei.

Roza: Listen to me. That is a very bad idea.

Chris: OK. Chris McVay here, everyone. I think we should get started as soon as possible.

as soon as possible: なるべく早く、という決まり文句で略して ASAP と言ったりもします。なるはや、ですかね。

ハクション大魔王は子供のころ見てました!って調べてみたら1969年~1970年の放送ですね。

私が見ていたのは再放送だったようです。

ダイヤログ和訳のあとで 3:10-

Chris: Hum, should we promote our textbook every day?

Roza: Hey, that’s not a bad idea.

Chris: Well, if you say so.

いつものテキストブックの宣伝です。

“listening in on our conversation”について 8:05-

Onishi: So, what is the nuance of “on” here?

Roza: I’ll let you handle that, Chris?

Chris: Well, first of all, it’s “listen in”, so you have to enter the area where the conversation is taking place.

And then you want to stay, don’t you?

So, it’s like a platform and you sit on the platform and the platform is the conversation.

take place: 行われている、開催されている

platform: 演台、舞台

“I just wrote”について 10:30-

Onishi: So, by the way, is it possible to use “made”, “I just made” here?

Roza: It is possible, but it means more of you made the melody, like for example, on your computer. Whereas “wrote” refers to the lyrics.

Chris: That’s right.

lyric: 歌詞

“postman”について 13:50-

Onishi: So, “postman” is British English, right?

Chris: Yeah, that’s the word we are using in the UK. How about … America?

Roza: I think American English, “mailman” is more common.

Chris: Ah, yeah, I heard of that.

common: 一般的な

おわりに 14:30-

Onishi: Um, my son never listens to me.

Roza: I don’t blame him. I don’t want to listen to either.

Chris: Ah, sorry. What did you say?

Onishi: それはないでおじゃるよ。

blame: 非難する

「それはないでおじゃるよ。」はハクション大魔王でお決まりのセリフですね。

英単語

英英辞典で単語を調べてみよう

レッスンに出てきた単語で、割と基本的なもの(よく使いそうなもの)を選んで、オンラインのCollins Cobulild英英辞典で確認してみます。

author

[countable noun] The author of a piece of writing is the person who wrote it.

(可算名詞) ある書き物の author は、それを書いた人です。

Collins Dictionaryからの引用です。

ひとこと

今日のディクテーションから。

  • as soon as possible: なるべく早く
  • take place: 行われている、開催されている
  • platform: 演台、舞台
  • lyric: 歌詞
  • common: 一般的な
  • blame: 非難する

昨晩は帰りが遅くなって、更新が翌朝になってしまった。^^;

ではまた次回!