IT~情報と技術

Word PressのPHPバージョンを最新にして高速化しよう。【エックスサーバー + Word Press】

Word PressはPHPというプログラミング言語で動いていますが、このPHPのバージョンが古いと、ブログの表示速度が遅くなる場合があります。

今回PHPのバージョンが上がったって連絡があったので、バージョンを上げました。

エックスサーバーのPHPを7.2にアップデートする。

サーバーとWord Press

ブログをはじめる際に、無料のブログサービスを使う方法と、サーバーを借りてWord Pressというブログサービス用のソフトウェアをインストールする方法があります。

このWord Pressを動かすためには、サーバーにPHPというホームページを動かすためのソフトウェアが別途インストールされている必要があります。

サーバがあって、サーバーにPHPが入っていて、このPHPを使ってWord Pressが動いている。Word Pressが動いているからブログを作って公開することができる。って感じですね。

私のこのブログはエックスサーバーというレンタルサーバー会社からサーバーをレンタルして、Word Pressをインストールして運用しています。

エックスサーバーのPHPが7.2に対応しました。

エックスサーバーから6月28日に「最新インフォメーション 推奨PHPバージョンの変更のお知らせ」というメールが来ました。

メールの内容を抜粋します。

PHPプログラムをご利用になる際には「PHP 7.0」「PHP 7.1」のご利用を
推奨していましたが、今後は「PHP 7.2」のご利用を推奨いたします。

PHP 5 から PHP 7.0 への変更で実行速度、メモリ使用量が大幅に
改善されましたが、PHP 7.2 になり、さらに処理速度が向上しました。

PHPをアップデートする。

PHPが7.2になって、それが推奨ですってことなのでアップデートしてみます。

PHPのバージョンは、WordPressのダッシュボードではなくて、サーバ側で管理します。

エックスサーバーでアップデートします。

エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

サーバーIDとサーバーパスワードは、エックスサーバーを申し込んだときに来たメール「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ」に書いてあります。

インフォパネルにログインして、そこからサーバーパネルに行く手もあります。

ログインしたら”PHP Ver.切替”に行きます。

キャプチャPHP Ver.切替を押します。

ドメイン選択画面で対象となるドメインを選択します。

WordPressをインストールしているドメインですね。

キャプチャWordPressをインストールしているドメインを選択します

現在のバージョンはPHP7.0.30になっています。

これをPHP7.2.6にアップデートします。

キャプチャ推奨されている最新版を選びます

PHP7.2.6を選び、”PHPバージョン切替(確認)”を押します。

”PHPバージョン切替(確定)”を押します

下に書いてある”PHPのバージョン変更について”を読みましょう。
”PHPバージョン切替”を押します。

キャプチャこれで終わりです。

これで無事PHPのバージョンが最新になりました。

最後に

作業自体はとても簡単です。

念のためブログがちゃんと表示されるかを見ておきましょう。