自分で料理

低温調理した豚ロース、柔らかくてラーメンによく合う【63℃ 90分】

晩ご飯はラーメンです ^^;

今日の晩御飯はラーメン、と言っても麺とスープはスーパーで買ってきたもの。

これに、低温調理の豚ロースをのせていただくことにしました。

低温調理の豚ロース

低温調理の豚ロースをラーメンにのせるのは、以前やったことがあって、その時の投稿がこちら。

低温調理の豚チャーシューと熱々のラーメンは相性が良い

ラーメンに柔らかい低温調理肉が合ってて、けっこうおいしかった記憶あり。

ということでいってみましょう!

材料
  • 豚肩ロース肉 小さめ1ブロック
  • 塩 肉の1%
  • こしょう 適量

↓これまでの低温調理のレシピはこちらをご覧ください。↓

低温調理の記事一覧(いろんな低温調理レシピがあるよ!)

この記事は「豚肉のレシピ:低温調理した豚ロースはラーメンによく合う【63℃ 90分】」です。

塩こしょうで下ごしらえ

豚肩ロースの両面に塩こしょうをします。

塩の量はだいたい肉の重さの1~2%なのですが、今回はラーメンにのせるので薄めの1%くらいで良いでしょう。

こしょうは、できれば粒こしょうをミルで挽くのがおすすめです。

豚肩ロース肉豚肩ロースに塩こしょうをします

真空パック

塩こしょうした肉を、真空パック器でパックして冷蔵庫で30分ほど味をなじませます。

真空パック器が無い場合は、ジップロックに入れて水没させながら(中に水が入らないように)空気を抜く方法もあります。

わたしの使っている真空パック器についてはこちらを参照ください。

低温調理の食材パックにおすすめ【真空パック器】

真空パック器でパック真空パック器でパックし、冷蔵庫で味をなじませます

低温調理

パスタポットにぬるま湯を入れ、低温調理器 BONIQ を63℃ 90分にセットし、運転スタートします。

今回は肉が小さめだったので90分でやりましたが、やっぱり 120分くらいやってください。

温度が63℃になったらピーって音がしますので、パックした肉を入れて低温調理を開始。

途中ひっくり返したりしますが、それ以外やることは無いので、麺を茹でる準備をしたり、ねぎを切ったり、ほかのことをやりましょう。

低温調理中低温調理中のようす

盛り付け

いつもは、低温調理が終わったら冷水に浸けて粗熱をとり、そのまま冷蔵庫に置いておいて食べる前に切っていました。

今回は、ラーメンのでき上がりに合わせて低温調理をやり、肉が完成したらそのまま切って盛り付けたのです。

完成直後に盛り付ける場合に、いつもと違うところは2つあって、

  • 肉が熱い。63℃はなんとか手で触れるけど、触り続けるのは無理なレベル
  • 肉がぶよぶよと柔らかくて切りにくい。なのでスライスが至難の技に

です。^^;

さて、ラーメンにのせたたこんな感じ、って盛り付けがかなり雑ですね・・・。

ラーメン完成ラーメン完成、塩・みそ・豚骨醤油と、リクエストがバラバラで大変

見た目はカンベンしてもらいまして、ラーメンに柔らかい低温調理の肩ロース肉、相性ばっちりでおいしくいただきました!

ひとこと

熱いまま肉をスライスするのは難しい、ことがよ~く分かりました。^^;

私の使っている低温調理器です。

低温調理では衛生に気を使いましょう。食品にも直接噴射できるアルコールスプレーです。

私の使っている真空パック器”CCP BONABONA”です。