自分で料理

低温調理でしっとり柔らか 豚ヒレ肉のステーキ【60℃ 90分】

豚のヒレ肉を低温調理で柔らかステーキに

低温調理で豚のヒレ肉のステーキ、をやってみます。

今回はちょっとかっこよく仕上げたかったので、ワインとトマトジュースでソースも作った!

豚ヒレ肉の低温調理

低温調理で豚のヒレ肉を料理したことは、これまでも何度かやったことがあって、その時の投稿がこちら。

しっとりやわらかい!豚ヒレ肉を低温調理でハム風に【60℃ 90分】

低温調理で豚ヒレ肉のステーキを作る。【63℃ 60分】

豚ヒレ肉を低温調理にしたらめちゃくちゃウマかった!【60℃ 120分】

ヒレ肉は脂分が少ないので、しっとりと柔らかめに仕上がる低温調理と相性が良いですね。

↓低温調理のレシピなどはこちらにまとめてあります。↓

ということでいってみましょう!

材料
  • 豚ヒレ肉ブロック 500gくらい
  • 塩 肉の1%弱
  • こしょう 適量

塩こしょうで下ごしらえ

豚ヒレ肉全体に塩こしょうをします。

塩の量はだいたい肉の重さの1~2%なのですが、今回はソースをからめるので薄めの1%弱くらいで良いでしょう。

こしょうは、できれば粒こしょうをミルで挽くのがおすすめです。

真空パック

塩こしょうした肉を、真空パック器でパックして冷蔵庫で1~2時間ほど味をなじませます。

真空パック器が無い場合は、ジップロックに入れて水没させながら(中に水が入らないように)空気を抜く方法もあります。

わたしの使っている真空パック器についてはこちらを参照ください。

低温調理の食材パックにおすすめ【真空パック器】

真空パックヒレ肉が長いので2分割。パックして冷蔵庫で味をなじませます

低温調理

パスタポットにぬるま湯を入れ、低温調理器 BONIQ を60℃ 90分にセットし、運転スタートします。

温度が60℃になったらピーって音がしますので、パックした肉を入れて低温調理開始。

途中ひっくり返したりしますが、それ以外やることは無いのでほかのことをやりましょう。

低温調理低温調理中のようす

表面を焼く

フライパンに油をひいてを中火で熱し、肉を取り出してから表面に焦げ目がかるくつくくらい焼きます。

このとき、低温調理とは言え肉が結構熱いので注意です。

トングなんかを使うのがよろしいかと。

フライパンで焼くフライパンで表面にかるく焦げ目をつけます

スライス

かるく焦げ目がついたら、1~2cmくらいの厚さでスライスします。

このときも、やっぱり肉が結構熱いので注意してください。

トングか何かで肉を抑えながら、包丁で切るのがよろしいかと。

スライススライスしたところ。なかなか良い感じです!

ソース

今回はちょっとかっこよく仕上げるために、ソースを作りました。

  • バターを溶かしてちょっと小麦粉を加えてよく混ぜ
  • 赤ワイン少しずつ加えて伸ばし
  • さらにトマトジュースで伸ばし
  • トマトケチャップをキモチ入れて
  • 塩を入れる

こんな感じで作りました。

量は目分量でいい加減なのですが、バター 10g、小麦粉 小さじ1/2、ワイン 100ml、トマトジュース 100ml、ケチャップ 大さじ2、塩 小さじ1/2、くらいではなかろうかと思う。^^;

盛り付け

盛り付け盛り付けたところ。ちょっとかっこよくソースをからめた

うん、柔らかくておいしくできました!

箸で切れる、とまではいかないけどナイフフォークなら簡単にすーっと切れる。

そのままかじっても、かみ切るのに苦労するような感じもない。

もう少しレアな感じでもいいかな、と思ったのですが、豚肉だとどうしても 60℃より下はちゅうちょしてしまいますな・・・。

ソースも適当に作ったわりにはいい感じの相性でした!

ひとこと

柔らかくておいしい、見た目もちょっとかっこいいヒレ肉のステーキでした。

フライパンで焼くだけだと、柔らかく仕上げるのはなかなか難しいので、低温調理はやっぱり便利。

私の使っている低温調理器です。

低温調理では衛生に気を使いましょう。食品にも直接噴射できるアルコールスプレーです。

私の使っている真空パック器”CCP BONABONA”です。