低温調理

低温調理でしっとり、醤油味がおいしかった!鶏むね肉の鶏ハム【60℃ 60分】

低温調理器BONIQ(ボニーク)で醤油味の鶏ハム

鶏むね肉で醤油味の鶏ハムをつくってみます。

鶏むね肉で鶏ハムは低温調理での定番で、これまでもなんどかやっていますが醤油味ははじめてです。

↓これまでの低温調理のレシピはこちらをご覧ください。↓

ではいってみましょう!

材料
  • 鶏むね肉 1枚(300g くらい)
  • かえし 30 ~ 40ml くらい(肉の重さの 10% ~ 15% 程度)

かえしというのは簡単に言うと「つくりおきの砂糖醤油」のことで、作っておくとなにかと便利です。

以下を参考にしてください。

色んな和食料理に使える便利な”かえし”を作ってみましょう。

かえしが無ければ砂糖醤油をつくればオッケーで、醤油 100ml に対して砂糖 20g が目安です。

下ごしらえ

味付け

鶏むね肉をジップロックに入れてかえしを注ぎます。

かえしの量は肉の 10 ~ 15%くらいが目安で、肉が 300gならかえしは 30 ~ 40mlです。

パック

できるだけ空気を抜いてジップロックの封をして、冷蔵庫に数時間(できれば半日)くらい置いておきましょう。

大きなボウルに水没させながらやると、うまく空気を追い出すことができます。

今回は冷蔵庫に2日くらい置いておきましたので、結構しっかりと味がついた気がします。

下ごしらえ鶏むね肉とかえしをジップロックに入れ、空気を抜きながら封をします

低温調理

準備

パスタポットにぬるま湯(40度くらい)を入れ、低温調理器 BONIQ を 60度1時間にセットします。

BONIQ についてはこちらを参照ください。
しっとり肉料理を作れる、低温調理器BONIQ(ボニーク)を買いました。

調理開始

温度が 60度に達したらピーって音がしますので、冷蔵庫からパックした肉をとり出してそのままお湯に浸けます。

低温調理中低温調理中のようす。温度を一定に保ちつつ、かくはんしてくれます

あとは待つだけなので、その間に別のことをやりましょう。

さて、1時間(60分)経ったらピーって音がしますので、肉をパックごと取り出して水に浸けて粗熱をとります。

そのまま食べてもいいですし、冷蔵庫に入れておいて後から食べてもいいです。

盛り付け

では、スライスしていただきましょう。

今回は午前中に低温調理中をやって冷蔵庫においておき、晩ご飯の時にいただきました。

スライス実は盛り付け後に写真を撮り忘れ、あっと思ったときにはあと数切れのみ・・・

これはおいしい!

低温調理を使った「塩こしょうで鶏ハム」や「醤油味の豚チャーシュー」は、何度もやってます「醤油味の鶏ハム」ははじめて。

やってみるとびっくりするくらいおいしい!です。

味の濃さ・・・わりと濃いめ。

2日ほど冷蔵庫で漬け汁に漬けておいたこともあり、しっかりと味が付いています。

食感・・・ハムっぽい。

低温調理パワーで、しっとりおいしく仕上がっています。

ひとこと

家族にも大好評で、出したら速攻でなくなってしまいました。

う~ん、簡単だから次回もこれをやろう!

肉を漬けこむのと低温調理自体に時間がかかりますが、調理中は待ってるだけでその間にいろんなことができます。

なにか特別に難しいこともないし、ぜひ一度チャレンジしてみてください。

私の使っている低温調理器です。

低温調理では衛生に気を使いましょう。食品にも直接噴射できるアルコールスプレーです。