自分で料理

今年こそは梅しごと、赤しそで赤くしよう

超めんどうくさい赤しその作業

我ながらよくやるよなぁ、と思う自家製梅干しです。

梅酢が上がったら、次は赤しそ漬けを投入して梅干しを赤くします。

この作業、結構めんどうくさいのですががんばってやったところを紹介いたします。^^;

自家製の梅干しに関する記事は、以下にまとめてあります。

赤しそを準備

梅干しが赤いのは、赤しそを一緒に漬けているから・・・・。

なわけですが、この赤しそ投入は赤しそが手に入るうちにやる必要があります。

と言うことで、スーパーで見つけた2袋をゲット!

赤しそ赤しそをスーパーで2袋調達

赤しその量

赤しその量はレシピによりますが、だいたい梅の 10~20%くらいがいいようです。

今回は5kgの梅を漬けているので、500g ~1kgくらい必要ってことに。

足りるのかな~と思いつつ、2袋の赤しその葉をぜんぶちぎって重さを量ってみたら 360gしかないやん・・・。

まぁ、色が薄めになるかもですがたぶん大丈夫でしょう。

赤しその葉を洗う

量が多くてタイヘンですが、葉を全部ちぎり取って、洗って、水を切ります。

赤しそ買ってきた赤しそ。ぐんまちゃんがカワイイ
葉をちぎった残骸葉をちぎり取ったあとの残骸
葉を洗うちぎり取った葉を、水道水で何度か洗いましょう。大きなボウルか洗い桶があると便利
水切りマシンサラダ用の水切りマシンを使って、水を切ります
水切り後洗って水切りした後のようす。シャキっとしてますね

赤しその葉を塩もみ

洗った葉の重量を量り、重さで 18%の塩を用意します。(梅と同じ塩の割合です)

葉の重さを量ったらが 360gなので、

360g × 0.18 = 64.8g

となって、塩の量は約 65gです。

まずはこの半分くらいの量をガバっと入れ、ワサワサとかき混ぜつつモミモミして、ギューっと絞ります。

塩もみ塩もみすると、すぐにカサが減ります
あく絞りギューギューとあくを絞り出します。実際は紫色の汁が出ます

絞り出したあくを捨てて、残り半分の塩を混ぜてさらにモミモミして、ギューっと絞ります。

この絞り出した灰汁も捨てて、軽くほぐしてから梅酢をおたま2杯分くらい入れてやりましょう。

あく絞りのあと2回しぼって広げたところ。たったのこれだけになった!
梅酢でほぐす梅酢を入れると「赤く」なります。酸と反応するから?

赤しそを梅の上に広げる

塩もみした赤しそを、塩漬けした梅の上に広げて入れましょう。

塩漬けの梅梅酢に浸かっている塩漬けの梅です。なかなかいい感じ
赤しそを広げるここに絞った赤しそを広げると、梅酢が赤くなる

フタをして、しばらくこのままおいておきます。

やれやれ、疲れたよ・・・

台所周りがしその香りでいっぱいです。

ひとこと

この作業はタイヘンなので、達成感に浸れます。^^;

次は、数日間晴天が続く日を狙って梅を干すのですが、勤め人にはこれがなかなか難しいのです。