自分で料理

今年こそは梅しごと、自家製の梅干しを漬ける方法。梅酢が上がったら赤しそ漬け

自家製の梅干し、おいしいですよ。

完熟梅を塩漬けして、梅酢があがったら次は赤しそ漬けです。

作業後は、台所中にシソの香りが漂います。^^

梅酢が上がったら赤しその塩漬けです

自家製の梅干しに関する記事は、以下にまとめてあります。

赤しそを準備する

梅干しが赤いのはなぜか?

それは赤しそを一緒に漬けているから・・・・

完熟梅を塩漬けにして梅酢が上がってきたら、次は赤しその出番です。

この作業を先送りしすぎると、赤しそが店頭からなくなってしまうので、注意しましょう。

ということで、スーパーに2袋置いてありましたのでゲットです!

赤しそ赤しそをスーパーで2袋調達しました。

赤しその量

赤しその量はレシピによりますが、だいたい梅の10~20%くらいがいいようです。

今回は5㎏の梅を漬けているので、500g~1㎏くらい、となります。

今回2袋買って、赤しその葉をちぎって実際の重さを量ったら、360gしかありませんでした・・・。

まじか!

でもまぁいっか。色が薄めになるかもですがたぶん大丈夫です。

赤しそ漬け

葉をきれいにします

量が多くてタイヘンですが、葉を全部ちぎり取ります。

そしてちぎり取った葉をよく洗い、水を切ります。

赤しそ買ってきた赤しそ。ぐんまちゃんがカワイイね
葉をちぎった残骸こちらは葉をちぎり取ったあとの残骸です
葉を洗うちぎり取った葉を、水道水で何度か洗いましょう。大きなボウルか洗い桶があると便利
水切りマシンサラダ用の水切りマシンを使って水を切ります
水切り後洗って水切りした後のようす。シャキっとしてますね

塩もみします

洗った葉の重量を量り、重さで18%の塩を用意します。

葉の重さが360gなので、

360g × 0.18 = 64.8g

で、塩の量は65gです。

まずは、この半分くらいの量を投入し、良~くもんだあとにギューっと絞ります。

塩もみ塩もみすると、すぐにカサが減ります
あく絞りあくを絞り出します。赤しそですが、実際は紫色のあくが出ます

1回あくを絞ったら、残りの塩を入れてさらによくもみもんで、再度ギューっと絞ります。

そこに梅酢をおたま2杯分くらい入れて軽くほぐしてやりましょう。

あく絞りのあと2回しぼって広げたところ。たったのこれだけになった
梅酢でほぐす梅酢を入れると「赤く」なります。酸と反応するから?

塩漬け梅の上に広げる

塩漬けしてあくを絞った赤しそを、塩漬けした梅の上に広げて入れましょう。

塩漬けの梅梅酢に浸かっている塩漬けの梅です。なかなかいい感じ
赤しそを広げるここに絞った赤しそを広げると、梅酢が赤くなる

梅酢にあくを絞った赤しそを入れると、赤色になりますね。

フタをして、しばらくこのままおいておきます。

ひとこと

塩もみの作業は、結構面倒くさいです。

塩で揉むと一気に赤しその葉が縮んでしまうのは、ちょっとびっくりします。

次は、数日間晴天が続く日を狙って、梅を干します。

これがなかなか難しいんですけどね・・・・。