その他

年賀状を卒業したらいろんな意味で楽ちんです(年賀状スルー!)

今年から年賀状を卒業


年賀状真っ盛りなシーズンですが、私は今年から年賀状を(ほぼ)卒業します。

最近の言い方だと「年賀状スルー」ですね。^^;

去年の年末に思い切って「今年で最後です」という年賀状を出したのです。

あ、家族で連名で出してるやつは除外なんで、これは今後も継続です。

去年出した文面

去年出した年賀状の文面はこんな感じです。

いろいろ思うところがありまして、毎年の年賀状を今年限りにて失礼したいと考えております。

まことに勝手ではありますが、今後とも変わらずお付き合いをいただけますと幸いです。

友達だろうが、先輩だろうが、同僚だろうが、上司だろうが、まとめて同じ文面で出しました。

もちろん、手書きのひとことを別途添えてから、ですけどね。← これだいじ。

年があけてから、だれかに何か言われるかなと思いましたが、見事に誰からも何にも言われなかったです。^^;

年賀状をやめることのメリット

買わなくていい

年賀状を買わなくてもいいのです。

書き始めて足りなくなって、追加で買いに行ったら売り切れてて困る、ということもありません。^^;

年があけて、思った以上に出してない人から来て慌てて買いに行く必要もありません。

はがき代も節約できます。

書かなくていい

年賀状を書かなくてもいいし、何を書くか、描くか、で悩む必要もありません。

すばらしい時間の節約!

あ、インク代も節約できます。

とにかく負担が減る

上記の通りなんですが、あとは誰に出す出さないとか、喪中はがきが来てたか来てなかったか、こっちが喪中はがきを出すか出さないか、なんてややこしい悩みからも解放されます。

年賀状をやめることのデメリット

年賀状が来なくなる

当然ですが、年賀状は来なくなります。

数年経つと、本当にほぼゼロになるんじゃないでしょうか。

作品発表の場が減る

写真やイラストなど、作品発表の意味合いを持たせているばあいは、その場を1つなくしちゃうことになりますね。

まぁ、今は SNS があるからいいんじゃないですかね?!

人間関係への影響

これはどうなんでしょう?!

正直、ほんとんど影響ないような気がしますけど・・・。

枚数を減らす作戦もある

卒業せずに負担を減らす方法もあります。

正月に届くようにあらかじめ年末に出すのではなくて、年があけてから年賀状が来た人にだけ返す、です。

年末の負担や、誰に出そうかと悩む必要がなくなりますし、これを数年続けるとそれなりに枚数を減らすことも可能。

ひとこと

年賀状を卒業すると、気持ちの上でも作業の上でも楽ちんです。

事情はいろいろあって、一概にやめればすべて良し!ではないとも思うのですが、毎年々々年賀状が悩ましいなぁと思っている方は、やめちゃう選択肢も考えてぜんぜんオッケーだと思います。