自分で料理

低温調理で王道のローストビーフ~国産牛もも肉使用!【56℃ 120分】

低温調理器BONIQ(ボニーク)で王道のローストビーフ

低温調理で王道の「ローストビーフ」です。

ローストビーフはこれまでも何度かやっていますが、今回はスーパーの精肉売り場で、ちょっとお高めの国産牛もも肉を買ってきました。

今日はこれでやってみます。

国産牛もも肉国産の牛もも肉です。なんだかかなりおいしそうです・・・

↓これまでの低温調理のレシピはこちらをご覧ください。↓

ではいってみましょう!

材料
  • 牛もも肉ブロック 300-400g
  • 塩 肉の1~2%
  • こしょう 適量(ミルでガリガリ挽く)

下ごしらえ

味付け

肉全体に塩こしょうを振ります。

塩の量は肉の重さの2%でやりました。

2%だと割としっかりと塩味が付いてちょっと濃いめの仕上がりになります。

1~2%でお好みの味を探してみてください。

こしょうは、黒こしょうの粒ををミルで挽くのがだんぜんのおススメです。

塩コショウ塩とミルで挽いたこしょうをまぶします

肉全体に塩こしょうを軽くすり込みます。

わたしはこの時に、素手ではなくポリ袋などを使って肉を触らないようにしています。

真空パック

塩こしょうした肉を真空パック器でパックします。

真空パック器が無い場合は、ジップロックに入れて水没させながら(中に水が入らないように)空気を抜く方法もあります。

ただ実際は、肉だけで液体が無い場合に空気を抜き切るのがちょっと難しいですね。

オリーブオイルを注いでやるなど工夫してみましょう。

わたしの使っている真空パック器についてはこちらを参照ください。

低温調理の食材パックにおすすめ【真空パック器】

真空パック真空パック器でパックするのが一番楽です

パックしたら、冷蔵庫に数時間以上置いて味をなじませます。(今回は下ごしらえのあと一晩冷蔵庫においてから低温調理をしました。)

低温調理

準備

パスタポットにぬるま湯(40度くらい)を入れ、低温調理器 BONIQ を 56度2時間にセットします。

BONIQ についてはこちらを参照ください。
しっとり肉料理を作れる、低温調理器BONIQ(ボニーク)を買いました。

低温調理

温度が 56度に達したらピーって音がしますので、冷蔵庫からパックした肉をとり出してそのままお湯に浸けます。

低温調理低温調理中のようす

途中でひっくり返したりしますが、基本的に待つだけなのでその間に別のことをやりましょう。

さて、2時間(120分)経ったらピーって音がしますので、パックごと取り出して水に浸けて粗熱をとります。

今回は、これをフライパンで軽く焼いてからいただきました。

フライパンで表面を焼く

フライパンを中火で熱してから、肉の表面を全体的に軽く焼きます。

表面を焼くフライパンで、表面全体がこんがりするくらいまで焼きます。

盛り付け

フライパンで焼いてからスライスしていただきました。

スライスちょっと厚めにスライスしました。さすが国産牛な感じで、サシが入ってます
スライスうーん、おいしそうです

今回は近所に持って行って食べたので、ステンレストレーに盛り付け。

おいしい!

うーん、国産牛っぽいというか、脂がのっていて柔らかくておいしいです。

火の通り具合もレアな感じで、なかなかグッド。

2%の塩の量はちょうど良いくらいですが、もう少し少なくしてもいいかもしれない、っていうかんじ。

ひとこと

久しぶりに低温調理でローストビーフやりました。

なんだかパーティの高級食材っぽい感じで良いですね。

特にグループで集まって食べたりするときに大活躍ですな。

私の使っている低温調理器です。

低温調理では衛生に気を使いましょう。食品にも直接噴射できるアルコールスプレーです。

私の使っている真空パック器”CCP BONABONA”です。