カメラ

Canon EOS 80D のオートホワイトバランス(ホワイト優先)で電球色でも自然な写真に

当ブログで使っている料理の写真などは、ほぼ自分で撮ったオリジナルです。

ただ、わが家の電灯はほとんどが電球色なので、写真写りがちょっと黄色っぽく仕上がりがち。

しかたないのででわざわざ完成後に色を調整して使ったりしていました。

でも、最近使っている Canon EOS 80D の「オートホワイトバランス(ホワイト優先)」だと、ほぼ完ぺきに黄色っぽさがなくなります。

なので、最近の室内の撮影ははだいたいこれを使っています。

ブログで使っている写真

ブログで使っている料理なんかの写真、最近は Canon EOS 80D という一眼レフカメラを使うことが多いです。

たとえばこれは、少し前に紹介した「豚ヒレ肉の低温調理」の写真です。

EOS 80Dで撮って、そのまま何の加工もせずに使っています。

豚ヒレ肉電球色の電灯の下でもいい感じ。EOS 80D のオートホワイトバランス(ホワイト優先)

電球色の電灯でもきれいに撮りたい

わが家の電灯はほとんどが電球色です。

写真を撮るとどうしてもちょっと黄色っぽく仕上がるので、これまでは写真の色あいを修正したりして使っていました。

でも最近使い始めた Canon EOS 80Dだと、この黄色っぽい仕上がりを気にせず撮れるオートホワイトバランス(ホワイト優先)というのがあることに気づきました。

通常のホワイトバランス

写真のホワイトバランスというのは色合い調整のことで、通常オートホワイトバランスで使うことが多いと思います。

ただ「オート」とはいえ部屋の電灯が電球色だったら、どうしても黄色っぽい写真になってしまいます。

たとえばこれは、2年くらい前に紹介した「豚ヒレ肉を低温調理」したときの写真です。

豚ヒレ肉電球色電灯の下、EOS X5 のオートホワイトバランスで撮影

これは、Canon EOS Kiss X5 という一眼レフカメラを使って、オートホワイトバランスで撮っています。

このままでもいいのですが、色がちょっと黄色っぽいんですよね。

まぁ、この辺は好みの問題もあるのですが・・・。

後からでも色合いを調整すると、こんな感じになります。

豚ヒレ肉1つ上野写真の色合いを修正

オートホワイトバランス(ホワイト優先)で手間いらずになった

最近使い始めた Canon EOS 80D のホワイトバランスには、「雰囲気優先」と「ホワイト優先」の2種類があります。

このうち「ホワイト優先」だと電球色の電灯でもほとんど黄色っぽさがなくなります。

ホワイト優先Canon EOS 80D でホワイト優先の設定をしているところ

おかげで撮ってそのままブログで使えるようになりました!

うーん、撮ってそのまま使えるってのはやっぱり便利なことなのです。

オートホワイトバランスとオートホワイトバランス(ホワイト優先)の実写比較

Canon X5 と EOS 80D で比較写真を撮ってみました。

  • 同じレンズ: EF50mm 1:1.8 STM
  • 同じ設定: シャッタースピード 1/90、絞り 3.5、ISO 800

と条件もそろえてあります。

X5、オートホワイトバランスCanon X5、オートホワイトバランスで撮影
EOS80D、オートホワイトバランスCanon EOS80D、オートホワイトバランス(雰囲気優先)で撮影
EOS80D、オートホワイトバランス(ホワイト優先)Canon EOS80D、オートホワイトバランス(ホワイト優先)で撮影

うーん、ホワイト優先じゃない方が暖かみがあっていいかもしれませんね。

使ったレンズはこちらです。

ひとこと

Canon EOS 80D のホワイトバランス(ホワイト優先)の紹介でした。

最近の機種だとEOS 80D に限らず同じような機能が搭載されていると思います。

電球色の電灯を使っている室内で写真を撮ることがあるなら、おススメです!

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です