低温調理

低温調理で王道のローストビーフ |オージービーフを使って【56℃ 120分】

低温調理器 BONIQ を使ったローストビーフです。

家計にやさしい、オージービーフを使うとどうなのでしょうか?

・・・赤身がしっとりとジューシーに仕上がりました!

低温調理器 BONIQ で王道のローストビーフ

低温調理で王道・定番のローストビーフです。

ローストビーフはこれまでも何度かやっていますが、今回は近所の OKストアで買ってきたオージービーフのもも肉を使います。

低温調理のレシピ集

低温調理でどんな料理が作れるの? ― これまでの低温調理のレシピ集はこちらです。

新しい調理法・低温調理で簡単、高級レストランの味!自分でやってみた低温調理のレシピ集 低温調理器 BONIQ を買ってから、いろいろな低温調理に挑戦中。 作ったものはほぼ全てブロ...

低温調理に必要な道具

低温調理にはどんな道具が必要なの? ― 必要な道具についてのまとめはこちらです。

低温調理に必要な調理器具まとめ|低温調理器・真空パック器・容器・アルコールスプレーなど低温調理器 BONIQ を使った低温調理を始めて、2年くらい経ちました。 いままでざっと、50回くらいいろんなものを作ってきました...

調理開始

ではいってみましょう!

まずは材料です。

材料

低温調理のローストビーフ
  • 牛もも肉ブロック 300~400g
  • 塩 肉の1~2%
  • こしょう 適量(ミルでガリガリ挽く)

下ごしらえ

味付け

肉全体に、塩こしょうを振って軽くすり込みます

塩の量は、肉の重さの1~2%がいいですが、わたしはいつも多めの2%です。

これくらいしっかりと塩味つけた方がおいしい!と思うのですが、この辺は好みなので1~2%あたりで調整してみてください。

こしょうは、黒こしょうの粒ををミルで挽くのがだんぜんのおススメです。

下ごしらえ塩こしょうをまぶしたところ

真空パック

塩こしょうした肉を、真空パック器でパックします

真空パック器が無い場合は、肉をジップロックに入れたまま口を上にして水没させ(中に水が入らないようにしましょう)空気を抜く方法もあります。

ただ実際は、空気を抜き切るのがちょっと難しいですね。

オリーブオイルを注いでやるなど、液体を少し入れると空気を抜きやすくなります。

いろいろ試してみるのもいいですね。

真空パック真空パック器で肉をパックします

パックしたら、数時間ほど冷蔵庫において味をなじませます。

低温調理

準備

パスタポットにぬるま湯(40度くらい)を入れ、低温調理器 BONIQ を 56度 120分にセットします。

低温調理

温度が 56度に達したらピーピーって音がしますので、冷蔵庫からパックした肉をとり出してそのままお湯に浸けます。

低温調理低温調理中のようす。肉を入れたばかり

途中でひっくり返したりすればいいのですが、基本的に待つだけなのでその間に別のことをやりましょう。

120分(2時間)経ったらまたピーピーって音がしますので、パックごと取り出します。

ここからいくつか方法があります。

  • フライパンやオーブンで表面を焼いて食べる
  • 粗熱をとってスライスして食べる
  • 粗熱をとって冷蔵庫に置き、後日食べる

今回は、粗熱をとってからそのままスライスして食べました。

低温調理後に粗熱をとる場合は、ポットのお湯を捨てて水道水(できれば氷を入れて、より冷たくする)をはり、そこに肉をパックのまま入れておきます。

盛り付け

スライスどりゃーっと、薄めにスライスしてからいただきます

粗熱をとってるとは言え温かいうちにスライスすると、肉が柔らかくてちょっとやりにくいですね・・・。

いったん冷蔵庫で冷やしてからスライスする方が、ほどよく硬くなってやりやすいです。

おいしい!

オージービーフは国産牛ほど脂が入ってませんが、赤身がおいしい!です。

低温調理のおかげでとてもジューシー、かつ食感はやわらかくてなかなかの出来ばえです。

2%の塩でけっこういい感じで塩味がついてます。

ただ、薄味が好きな方は1%くらいまで下げてみてください。

もも肉1ブロック分、夕食で出したら速攻でなくなってしまいました・・・。(^^♪

ひとこと

低温調理のローストビーフでした。

  • 味付けは、塩・こしょう
  • 低温調理時間は、56℃ 120分
  • 低温調理後は、粗熱をとってそのままスライス

低温調理は、下ごしらえと低温調理の時間がかかりますが、長いのは待ってる時間で手間はそんなにかかりません

興味を持ちましたら、ぜひ一度チャレンジしてみてください。

では今日はおしまい!

撮影につかったカメラ

キヤノンの EOS 80D という一眼レフカメラを使っています。

Canon EOS 80D のオートホワイトバランス(ホワイト優先)で電球色でも自然な写真に当ブログで使っている料理の写真などは、ほぼ自分で撮ったオリジナルです。 ただ、わが家の電灯はほとんどが電球色なので、写真写りがちょ...
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です