低温調理

低温調理でしっとり、豚肩ロース肉でやわらか豚チャーシュー【63℃ 120分】

低温調理中

低温調理で作る豚チャーシュー、簡単にしっとりしたハムっぽい食感を実現できます。

最近、すっかり定番になりつつあります。

実際にやってみたレシピ・作り方を紹介します。

低温調理器BONIQで豚チャーシュー

低温調理器BONIQを使ってしょうゆ味の豚チャーシューを作りました。

作るたびに家族からも大好評です。

かえし(砂糖としょうゆ)のみで、シンプルな味付けにしています。

低温調理に必要な道具・作ってみたレシピ

おすすめの低温調理器や必要な調理器具は、別の記事にまとめてありますので参考にしてください。

>> 低温調理に必要な道具のまとめ

実際に自分で作ってみたレシピも、別の記事にまとめてあります。

>> 実際に自分で作ってみたレシピの紹介

調理開始

ではいってみましょう!

まずは材料です。

材料

材料:BONIQで豚チャーシュー
  • 豚肩ロースかたまり 約 500g
  • かえし 60㏄(肉の重さの10~15%くらい)

かえしについて

今回の豚チャーシューは、かえしを使ってしょうゆ味にします。

かえしというのは、つくりおきした砂糖醤油のことであるとても便利。

作ってみたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

かえし90℃
いろんな料理に使える かえし を作ってみる【べんり】 「かえし」というのをご存知でしょうか? 醤油に砂糖を溶かして寝かせたもので、蕎麦やうどんのつゆをはじめとして、色んな和食の...

かえしが無ければ、しょうゆ 60ml に砂糖 12gを溶かしたものでもオッケーです。

下ごしらえ

味付け

豚肩ロース肉をジップロックに入れて、かえしを注ぎます。

かえしの量は、豚肉の重さの10~15%くらいがちょうど良いです。(今回は12%にしました。けっこうアバウトでも大丈夫です。)

肉が500gなのでかえしは60mlです。

パッキング

できるだけ空気を抜きながらジップロックの封をします。

大きなボウルに水をはって、水没させながらやるとうまく空気を追い出すことができます。

肉の下ごしらえ肉にかえしを注いで数時間おきます

これを冷蔵庫に数時間くらい(できれば半日以上)置いて、味をなじませます。

パックする理由?!

できるだけ空気を抜いてパックをすることで、お湯の温度が直接食材に伝わるようなります。

空気は熱が伝わりにくいので、できるだけ抜いておいたほうが良いのです。

  • 油などの液体を一緒に入れる場合は、ジップロック
  • 塩こしょうだけの場合は、真空パック器

このように使い分けるのがいいでしょうね。

衛生に気をつけよう

「低温」での調理なので、通常の料理よりは衛生に気を使います。

  • アルコールスプレーで、手や器具を消毒する
  • ポリ手袋をつけて、できるだけ素手で肉を触らない

このあたりを、いつも意識してやっています。

ポリ手袋できるだけ、肉を素手で触らないようにします

低温調理

準備

パスタポットにぬるま湯を入れ、BONIQを「63度2時間」にセットしてスタートします。

低温調理器BONIQは国産ブランドで安心|2年間使った私もおすすめします!低温調理「BONIQ」は安心の日本ブランド 日本ブランドとしては初めての低温調理器「BONIQ」。 国内保証1年付き、サポートセ...

低温調理

63度に達したらピーピーって音が鳴りますので、冷蔵庫から肉を取り出してジップロックごとお湯に浸けます。

あとは待つだけ・・・途中でひっくり返したりしましょう。

低温調理中63度2時間でスタートしたら、あとは待つだけ

2時間(120分)経ったらピーピーって音が鳴って終了です。

試しに、肉に温度計を刺して内部温度を見てみたら、ちゃんと63度くらいになっていました。

肉の内部温度ちゃんと肉の内部温度を確認しました

あらためて空気を抜いてジップロックの封をして、水道水に浸けて粗熱をとります。

ここからいくつか方法があります。

  • フライパンやオーブンで表面を焼いて食べる
  • 粗熱をとってスライスして食べる
  • 粗熱をとって冷蔵庫に置き、後日食べる

今回は、粗熱をとって冷蔵庫でいったん冷やしました。

  • 冷やした方が、スライスしやすいです。
  • 冷蔵庫で数日以上保存するときは、で氷水に浸けて一気に冷やすのが良いです。

盛り付け

薄めにスライスしてお皿に並べます。

肉を冷やした方が、適度に固くなっていてスライスしやすいです。

肉のつけ汁を小鍋で煮立ててたれにしても良いでしょう。

豚チャーシューのスライススライスして皿に並べたところ

おいしい!

低温調理のおかげで、ハムっぽいしっとりとした食感に仕上がっています。

しょうゆ味がしみこんで、なかなか良い感じ。

子供たちからも大好評で、スライスして出した分はすぐになくなってしまいました・・・。

ひとこと

低温調理の豚チャーシューでした。

  • 味付けは、かえしを使ったしょうゆ味
  • 低温調理時間は、63℃ 120分
  • 低温調理後は、粗熱を取っていったん冷蔵庫で冷やす

何度かやるうちに、低温調理にもすっかり慣れてきました。

このしょうゆ味の豚チャーシューは、豚肉のかたまりにかえしを注いで味をしみ込ませ、低温調理したら完成です。

次は、塩こしょうの味付けでやってみたいですね。

では今日はおしまい!

>> 2年以上使っておススメできる低温調理器BONIQ

>> 低温調理に必要な道具のまとめ

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です