住宅街でも家庭菜園

家庭菜園で作りたい、採れたてが美味しい野菜は何か?

家庭菜園って何を作るのがおススメですか?
やっぱり採りたてが美味いのが良いですね。

家庭菜園をやるなら”採れたてが美味しいもの”が良い。

採れたてが美味しいもの

家庭菜園でまず一番に作りたいものは、採れたてが美味しいものです。
何と言っても収穫直後に食べることができますからね。

”朝採れ!”じゃなくて”今採れ!なう”って感じです。

お湯を沸かしてから収穫に行きましょう。^^

エンドウ豆

とにかく採れたて豆で作る豆ごはんがめちゃ美味しいです。
これだけのために毎年作ってます。

豆ごはんにはふつうは実エンドウ、グリーンピースを使います。
スナップエンドウやキヌサヤを十分膨らませてその実を使っても良いです。

実エンドウ、グリーンピース、スナップエンドウ、キヌサヤは皆エンドウ豆の仲間なんですよね。

スナップエンドウやキヌサヤも、ほっとくと実が膨らんできます。
膨らんでパンパンになったところで豆を収穫すれば、グリーンピースのように使えます。

種を蒔くのは10月下旬~11月初旬、収穫は5~6月です。

豆ごはん採りたて豆で作った豆ごはんはマジでうまいです。

枝豆

採れたてだと豆の風味があって、甘みも感じるんですよね。

種を蒔くのは5月、収穫は7月です。

枝豆収穫したらすぐに茹でて食べましょう。

同じ豆類でもインゲン豆は採りたてが美味い!って感じはしないです。

ジャガイモ

新じゃがって言いますよね。
レンチンして塩とバターで食べると至福のひとときが・・・。

ジャガイモは種ではなくて種芋を植えます。
スーパーで買ったジャガイモで芽が出てきたものを植えてもそれなりに育ちますよ。

園芸本等では、スーパーで買ったジャガイモは”病気に感染している可能性”があるのでやめておいた方が良い、って書いてあることが多いです。

私はあんまり気にせず、ジャガイモもサトイモも毎年台所に余っているのを植えてます。^^

種芋を植えるのが3月頃、収穫は7月です。
夏植えと言って、8月末に植えて11月に収穫するやり方もあります。

新じゃがは掘る楽しみもありますよ。

新じゃが台所のジャガイモを植えて収穫した時の写真です。

イモ類だとサトイモも採りたてが美味いですね。
サツマイモはそうでもないです。

スイートコーン

お湯を沸かしてからコーンを収穫に行きましょう。
採りたては甘さにみずみずしさが加わってなんとも言えない美味しさです。

種まきは4月、収穫は7月ですが、もっと遅く蒔いても大丈夫です。

茎ブロッコリー

冬の菜園で収穫できる貴重な茎ブロッコリー。
ブロッコリーの中でも茎ブロッコリーは採れたてが甘みがあって美味いです。

7月末の種まきだと年内に収穫が始まります。
できるだけ害虫を避けるために遅めの8月末に蒔く手もありますが、種まきが遅いと収穫は翌春になります。

茎ブロッコリー採りたて茎ブロッコリーのお浸しです。

普通のでっかいブロッコリーは、あまり採りたてが美味い、って感じがしなかったです。
品種によって違うかもしれません。

ひとこと

採りたてが美味いっていう視点で何を作るのが良いかの紹介でした。

私のイチオシは採りたて豆ごはんです!

家庭菜園は場所も限られているので、何でも作れるというわけではありません。
限られた環境でできるだけ楽しい菜園ライフを送りましょう!