自分で料理

低温調理でプリプリの鶏ハムを棒棒鶏風に。相性抜群でした!【60℃ 90分】

肉とたれ

低温調理で作った鶏ハムを、さいて中華たれにつけた”棒棒鶏風”にしてみました。

プリプリの鶏肉と中華のたれが相性抜群でした。

低温調理器BONIQ(ボニーク)で”鶏ハムの棒棒鶏風”

低温調理で鶏むね肉の鶏ハムを作ると、しっとり仕上がってとてもおいしいです。

今回は、この低温調理の鶏ハムをさらに手で裂いて棒棒鶏風にしてみました。

↓これまでの低温調理のレシピはこちらをご覧ください。↓

低温調理の記事一覧(いろんな低温調理レシピがあるよ!)

この記事は「鶏肉のレシピ:鶏むね肉の棒棒鶏(バンバンジー)風【60℃ 90分】」です。

材料
  • 鶏むね肉 1枚
  • 塩こしょう 塩1%、こしょう適量
  • かえし + 酢 + ごま油(1:1:0.5で混ぜる)
  • 長ネギ 1本

かえしについては以下を参考にしてください。
作っておくと便利ですよ。

色んな和食料理に使える便利な”かえし”を作ってみましょう。

かえしが無ければ砂糖醤油でオッケーです。醤油100mlに対して砂糖20gが目安です。

下ごしらえ

鶏むね肉に塩コショウをして、真空パックします。(ジップロックでできるだけ空気を抜く、でもオッケーです。)

塩の量は肉の重量の1%にしてみました。胡椒は適量です。
できれば粒胡椒をミルでガリガリ挽きながらが美味しいです。

冷蔵庫に半日くらい置いておきます。

鶏むね肉鶏むね肉に塩こしょうして、真空パックします。

ではやってみよう!

低温調理

パスタポットにぬるま湯を入れ、BONIQを60度90分にセットしスタートします。

BONIQについてはこちらを参照ください。
しっとり肉料理を作れる、低温調理器BONIQ(ボニーク)を買いました。

お湯に浸けます

60度に達したら、冷蔵庫から出した肉をそのままジップロックごとお湯に浸けます。

あとは待つだけ・・・。
途中ひっくり返したりするのも良いですね。

低温調理60度90分の低温調理をやります。左下はBONIQの先っぽです。

その間にたれを作ります。

低温調理やってる間に「たれ」を作りましょう。

かえし大さじ2、酢大さじ2、ごま油大さじ1を混ぜます。
ここに長ネギ1/2本分くらいのみじん切りを入れて、さらによく混ぜます。

中華たれかえし+酢+ごま油に、長ネギみじん切りを加えます。

盛り付けていただきます。

さて、90分経ちました。

肉を鍋から取り出し、ジップロックのまま水道水に浸けて粗熱をとります。
その後ジップロックから出して、がんばって手で裂いて器に盛ります。

粗熱をとっているので大丈夫だと思いますが、念のためやけどをしないように注意してください。

その上から作った中華たれをかけます。

肉とたれ肉を裂いて、その上からたれをかけます。
肉がぷりぷりで美味しい!

低温調理なので、鶏むね肉がぷりぷりです。パサパサ感がまったくありません。

肉に下味が付いているのも素晴らしいです。美味しさがワンランクアップしている感じです。

かえしと酢を使ったたれも簡単でとても美味しいですよ。

ひとこと

これも簡単にできておいしいですね~。

鶏むね肉は低温調理との相性が抜群です!

私の使っている低温調理器です。

低温調理では衛生に気を使いましょう。食品にも直接噴射できるアルコールスプレーです。

私の使っている真空パック器”CCP BONABONA”です。