住宅街でも家庭菜園

ちょっと凝りすぎな「底面給水プランター」を自作してみた

スイカ定植

プランター菜園の水やりって、タイミングや水の量など、結構難しい・・・。

そして夏になると、ちょっと油断しただけで植えてる野菜たちが「しなしな」になってしまいます。

最近は貯水ができるプランターをちらほら見かけますが、貯水槽から自動で底面給水できる、ちょっと凝りすぎな底面給水プランターを自作してみました。

底面給水プランターを自作してみた

貯水槽からプランターに自動で底面給水できるプランターを作ってみましょう。

底面給水プランター

最近ホームセンターや園芸ショップで、底面給水(貯水)ができるプランターをよく見るようになりました。

プランターの底に貯水部があって水を貯められるようになっています。

植物が必要なだけ吸水することができて良く育つし、毎日水やりしなくて良いし、で人気があるみたい。

それでも・・・

  • 真夏だとやっぱりすぐ水がなくなりそう
  • 貯水できる構造のため背が高くなりがち
  • もしかしてボウフラが湧いてしまうのでは?

なんて心配が残ります。

リッチェルの「水ラク 菜園上手」の説明図底面給水プランターの例:リッチェルの「水ラク 菜園上手」の説明図です。

自作してみました

ということで、ちょっと凝りすぎ感のある”底面給水プランター”を自作しました。

底面給水プランターにチャレンジするヒントになったサイトです。
京都グリーンファームの”簡易自動給水容器”

工作のヒントになったサイトです。
水耕栽培装置自作教室

使ったプランターは、アイリスオーヤマの「支柱の倒れにくいプランター」です。

穴あけと塩ビ部品の取り付け

ホースを接続するため、22㎜の座ぐりカッターを使って穴を空けます。

TS13という規格の塩ビパイプの部品を使って、外部と接続できるようにします。

穴あけ22mmの座ぐりカッターで底部に穴をあけます。

内側にTSバルブ用ソケット(TS13VS)、外側にTS水栓ソケット(TS13WS)を使います。

ホームセンターに行って実際にお互いをねじ込んで、できるだけ深くねじ込める組み合わせのものを買いましょう。(でないと、プランターにしっかり取り付けができないかも。)

21㎜のOリングを使って、水漏れ対策も行います。

プランター加工塩ビ管でホースがつながるようにします。Oリングで水漏れ対策もします。

すのこをセットします。なお、すのこに排水穴をふさぐ栓が付いているので、取り外しておきましょう。

が、この時に底に溜まった水がすのこ上部の土に伝わるように、給水タオル(100円ショップのマイクロファイバータオル)を使って、上下に水が伝わるようにします。

タオルをセットすのこをセットする際に、吸水タオルで上下の水経路を作ります。

このプランターには、排水穴が2つあいています。

貯水できるようにするため、下側の穴をふさぎます。(すのこに栓が付いていますので、取り外して使います。)

上側の穴は、雨天時の排水用としてあけたままにしておきます。

取り付けたTS水栓ソケットに、15㎜のホースを差し込むと、水漏れなく良い感じでつながりました。

上下に2つある排水穴のうち下の方をふさぎます。上の穴は雨の排水用でそのままにします。

 

水位決めの小水槽と貯水タンク

外部の貯水タンクは40リットルのゴミ箱を使います。これにカクダイのミニ取り出しを取り付けて、外部の4㎜チューブと接続します。

40リットル貯水できるので、かなり水やりをさぼっても大丈夫です!

そこからいったん水位決め用の水槽を経由して、プランターに給水します。水位決めには、ミニフロートというものを使っています。

接続経路はこんな感じ。

[外部貯水タンク] → 黒い4㎜チューブ → [水位決め水槽] → 15㎜ホース → [プランター]

水位水位決め水槽(いつもはフタをしています。)

スイカを植えました。

スイカ定植プランターで大玉スイカにチャレンジしてみます。(6月4日)
スイカ成長どんどん成長します。(6月17日)
実がついた実が付き始めました。でもちょっと元気が衰えてきたような気もします。(7月23日)

ひとこと

ちょっと凝りすぎ感がありますが、自作の底面給水システムの紹介でした。

もともと水耕栽培も趣味でやっているので、その延長でやってみた感じです。

プランターで大玉スイカはなかなか難しく、今まで何度かやったことはありますが、まともにできたことがありません。

今回は”底面給水プランター”で成功するでしょうか?

収穫はお盆頃予定・・・・。うまくいけば。

(追記1)
途中までは結構良い感じで育ってたのですが、結局スイカは小さいのが2個だけ収穫できました。

大玉植えたつもりが小玉だったのか?!

なんだか結果はかなりイマイチでした・・・。

(追記2)
次は秋植えのえんどう豆栽培に使ってみます。

えんどう豆のタネまき【春に美味しい豆ごはんを食べよう】