自分で料理

低温調理器でしっとり、シンプル味付けの豚肩ロースハムを作る。【63℃ 120分】

これまで何回か醤油味の豚チャーシューを作ってみました。今回はシンプルな塩こしょうの味付けで作ってみます。

そうするとこれはチャーシューじゃなくて、ハムっていうべきかな・・・。

低温調理器BONIQ(ボニーク)で豚肩ロースハム

今まで何度か低温調理器BONIQで豚チャーシューを作りました。

今回は味付けを塩こしょうでやってみます。

↓これまでの低温調理のレシピはこちらをご覧ください。↓

低温調理の記事一覧(いろんな低温調理レシピがあるよ!)

この記事は「豚肉のレシピ:塩こしょう味の豚チャーシュー④(肩ロースハム)【63℃ 120分】」です。

材料
  • 豚肩ロースかたまり 500g
  • 自然塩 10g(肉の2%)
  • 胡椒 適量(粒の黒こしょうをミルですりすり)
  • 砂糖 塩の半分くらい

肉の下ごしらえ

豚肉に塩こしょうと砂糖をまんべんなく振ります。
その後全体にすり込みます。

塩の量は豚肉の2%くらいがちょうど良いです。
肉が500gなら塩は10gです。結構あります。

下ごしらえ塩こしょうと砂糖を刷り込みます。

これを真空パックして冷蔵庫に数時間(できれば一晩以上)くらい置いておきます。

空気をできるけ抜いてジップロックの封をして、でもオッケーです。

真空パック真空パックして冷蔵保存します。

低温調理します。

パスタポットにぬるま湯を入れ、BONIQを63度2時間にセットしスタートします。

BONIQについてはこちらを参照ください。
しっとり肉料理を作れる、低温調理器BONIQ(ボニーク)を買いました。

63度に達したら、冷蔵庫から肉を出してパックしたままお湯に浸けます。

調理開始冷蔵庫から出してすぐお湯に浸けます。

あとはひたすら待つだけ・・・。
途中向きを変えたりしながら。

2時間経ちました。

調理終了2時間後のようすです。

ボウルに水道水にはってその中に浸け、粗熱をとります。

その後冷蔵庫でいったん冷やします。

盛り付けましょう。

今回は翌日食べました。

薄めにスライスしてお皿に並べます。
肉を冷やしているので適度に固くなっていてスライスしやすいです。

たれは無しにしました。

スライススライスします。要するにハムです。

やっぱり美味しいです。

一口食った瞬間「お、美味いじゃん」って感じです。

要するに豚肩ロースのハムです。
違いをちゃんと分かってないですが、塩味だとチャーシューって言わないのかな?
今度調べてみよう・・・。

さらにこれを燻製にすると、豚肩ロースのベーコンです。

ひとこと

使っている調味料は”塩、胡椒、砂糖”のみ。
味付けが超シンプルな分、豚肉の味の違いがちゃんと出そうですね。

今回は十分美味しかったのですが、ほんのちょっとだけ豚肉の”くさみ”のようなものを感じました。

私の使っている低温調理器です。

低温調理では衛生に気を使いましょう。食品にも直接噴射できるアルコールスプレーです。

私の使っている真空パック器”CCP BONABONA”です。